東京農業大学 クラブサークル紹介


農友会体育団体

合氣道部

新入生のみなさん、入学おめでとうございます。
我が合氣道部の紹介をさせていただきます。

まず、活動日ですが、平日は16:30〜18:30を基本的な練習時間とし、その後は自由練習となります。土曜は16:00〜18:00が練習時間で、その後自由練習です。水曜・土曜、は師範と監督による熱心な指導が受けられます。普段は親切な上級生が一から教えます。個人のペースを尊重するところなので、初心者でも安心して下さい。部員の9割が未経験者です。また、体力は関係ないので、女性でも十分体得できます。二年次で初段、三年次で二段、四年次で三段が授与されます。
さて、ここで、なかなかイメージの湧かない合気道について、簡単に説明します。「合気道」とは、日本の武道の振興を図って設立された財団法人である「大日本武徳会」の、柔道部門と剣道部門が協力して新たに制定された総合武術です。体術に限らず、剣術、昔武士が旅中に使っていたとされる杖術等、あらゆる武器を使いこなします。また、競技することを目的としていません。大事なのは、自らが自由であることであり、具体的には、柔軟な体の動き、臨機応変な体の捌きを実現することです。その修行が、日々の練習なのです。
我が合気道部は、来る者拒まずの精神で、片隅の道場でいつでも戸を開放し、後輩を心待ちにしながら練習しています。少しでも興味をもってくれたら、是非一度見学に来て、余力があれば実際に体験してみて下さい!
 

部の歴史

昭和34年
 この頃農大の一隅に、光輪洞合気道(大日本光輪会)の修練を志すグループが誕生し、柔道部道場の空時間等を借りて、稽古を始める。平井稔師範を師とし、平井知弘氏(本学農経大学院卒)の出稽古を受ける。  
(参集者)
教職員  中島講師(農経)、塩倉助手(林)、
行元書記(学生課)、遠藤司書補(図書館)等
学生 高橋(林)、遠藤(林)、竹内(工)、高洲(畜)等

昭和35年4月
この頃合気道同好会を結成、登録団体となる。南礼蔵先生のレスリング道場を借用し稽古を行う。

昭和36年2月27日
体育団体連合会への加入を認められ、農友会合気道部発足(部長 中島常雄)。

昭和36年9月
レスリング部発足のため道場返還、屋上練習開始。

昭和36年11月 3日
明治神宮奉納演武会に初めて出場(以後毎年出場)。

昭和37年 4月
道場長屋(元陸軍機甲学校の車両整備工場)の最東端に30畳ぐらいの仮設道場(長屋特別室)を作ってもらう。
矢口政夫氏が師範として派遣される(以後平成12年に逝去されるまで約40年間師範を務められる)。

昭和38年 5月
道場長屋の改造が行われ、合気道部も仮設道場を取り払って長屋道場の一画の割当てを受ける。

昭和54年 8月
長屋道場改築工事のため、北門仮設道場へ一時移転。

昭和55年3月
新道場(現常磐松会館道場)に移転(現在に至る)。

平成2年11月3日
創設30周年記念式典を行う。

平成12年10月22日
矢口政夫師範逝去(87歳)

平成13年11月
有志により、合気道部OBの稽古団体である桜丘光輪洞発足。

平成13年12月
部の新指導体制が決定し、中島常雄氏が師範となる(監督 清川寿一郎氏)。

平成19年
佐々木靖氏が監督となる。

活動方針

「合気道」の目指すところは「とらわれなき柔軟な心とその現れとしての臨機応変な体の捌きの実現」にあります。したがって部の活動にあたっては、和気藹々とした(春風ほのぼのの)雰囲気の中で、各人が定められた教程を繰り返しこなしながら、それぞれが目標を目指して地道に日日の修練を継続することを目標にしています。また目指すところは一つでも、人にはそれぞれ個性がありますので、その点も重視しながら、一歩一歩前進することを心がけています。また農友会の一員として、農友会活動には積極的に参加することを念頭に置いています。

本学が所属する「光輪洞合気道」の「修道の訓」を参考までに記します。

一、 心を修する神(真理)に近からんことを念願する。
一、 技を修する春風ほのぼのの気をもってするものぞ。
一、 力を練るや有形無心の事物より得るものぞ。
   天地一道に極るは無限の意
   兵道又無極を説く剣一法の理心得らるべし。
   円和円通の理形の生ずる所以なるべし。

指導体制・主将・部員

所属団体 日本光輪会 光輪洞合氣道
指導体制 師 範 中 島 常 雄(名誉教授 合氣道部創設者)
部 長 長 尾   聡(総合研究所職員 合氣道部OB)
監 督 佐 々 木 靖(合氣道部OB)
主将・部員 山本 佳明

部費・部員数・活動場所

部費 なし
部員数 男15名、女12名
活動場所 部室・練習場所:常磐松会館道場2階奥

  • 当サイトご利用にあたって
  • 個人情報保護方針
  • 東京農業大学HPへ