東京農業大学 クラブサークル紹介


農友会体育団体

ゴルフ部

 現在、部員数は16名で、男子Eブロック、女子チャレンジカップに所属しています。これらのブロックに所属している殆どの大学は運動選手を保有していますが、部員の多くは大学に入学してからゴルフを始めました。運動選手を保有する大学とトーナメントで互角に戦うためにも、練習場での打ち込みを重ね長期休暇などを利用してOBのゴルフ場でラウンドに励んでいます。
 農大ゴルフ部は、充実したOB会組織の支援と農大を卒業した諸先輩がゴルフ場関係に多く就職されている利点を最大限に活かして活動しています。


 新入生の皆様、御入学おめでとうございます。我々農友会ゴルフ部は学業を優先し時間を有効に利用し活動しているので、充実した学生生活を送れます。部員の多くは大学からゴルフを始めた人がほとんどです。しかし監督やコーチ、部長先生の下、先輩達も熱心に指導してくれていますので、初心者の方でも心配はいりません。
 興味を持った人は、常盤松会館3階の部室に気軽に遊びに来て下さい。

部の歴史

 農大ゴルフ部は、昭和35年ゴルフ愛好会として発足し、会長に加藤経雄教授(元教職課程、哲学専攻)、顧問に高橋正侑助手(元農芸化学科、現ノートルダム学園教授)の両氏のもと学生6名により活動を開始しました。
 昭和37年、会長に南礼蔵教授(農芸化学科)、監督に佐藤健郎氏(昭和35年農芸化学科卒、前OB会長)が就任し農友会ゴルフ部として再ズタートしました。同年関東学生ゴルフ連盟に加入し、その後C・Dブロックのトーナメントで活躍していました。
  昭和45年には、小沢知雄部長(現名誉教授)、紅露昭通監督(昭和28年農芸化学科卒)のもと、Cブロック優勝、Bブロックへの昇格を果しました。その後、C・Dブロックに所属していましたが、運動選手を保有する大学の台頭により下位ブロックへの降格を余儀なくされました。
 平成24年、春季大会にてFブロックで準優勝して昇格を果たし、Eブロックに所属しています。

活動方針

 ゴルフは、他のスポーツと異なり審判が存在せず、自分自身が審判となるフェアプレイの精神そのもので、技術力と精神力が結果に表れます。すべての行動の責任が自分にかかるスポーツであります。学生が社会人になるにあたり、責任をもった行動を行えるよう心身を鍛えてることができ、我々ゴルフ部一同は技術の向上もさることながら、責任のある行動がとれるよう日々励んでいます。

指導体制・主将・部員

所属団体 関東学生ゴルフ連盟
指導体制 部 長 : 濱 野 周 泰(造園科学科 教授)
監 督 : 砂 山 武 則(ゴルフ部OB)
コーチ : 黒 沼 信 光 ・ 貫 井 紀 之(ゴルフ部OB)
主将・部員 大 岩 高 也

部費・部員数・活動場所

部費 なし
部員数 男13人、女3人
活動場所 部室:常盤松会館3階 練習場所:常盤松会館道場屋上
コース練習:埼玉国際ゴルフ倶楽部(埼玉県・OB所有コース)

  • 当サイトご利用にあたって
  • 個人情報保護方針
  • 東京農業大学HPへ