小菅村日記
(多摩川源流大学)

大晦日だよ神社に集合!

氏子の人たち(飾りつけをした人たち)が夜の11:30に集まり、暖をとりながら年越しを待ちます。
ラジオも無く、カウントダウンも無く、誰かの時計で12時過ぎたら新年ってことです。
めっちゃアバウトです

そんでおまいりに来た人たちに御神酒を振る舞い、12時30くらいに撤収です
参拝者が多くないからあんまり長時間いないわけですよ。神主もいないし・・・
その日は参拝者は、20人前後だったかな。去年は大雪もあったのでもっと少なかったとか・・・
過疎化は怖いですなー

そうそう、小菅には昔から除夜の鐘は無いみたいですぞ だから新年のときもアバウトです

正月用の松飾

よく正月に家の前に松飾を各家ごとにしてますが、小菅では松の3段とよばれる、枝が3階になっているものに、注連縄や笹をつけて飾り付けます。

その松を取るのを手伝い、神社の松飾をやっちゃいました。
よく神棚とか神社で見る、白い半紙でつくったやつとかもかざりつけたり、神殿の掃除もちょっとしたり、なかなか味わえない行事をやりましたぞ。小菅では集落ごとに氏子が集まり、このような飾りつけだとかをするみたいです。
飾りつけが終わったら、集落の子ども達が集まり境内の掃除をして、新年を迎えるわけです!

小菅

今日は今年一番の寒さです。
いつの間にか師走だけど、村の中のスピードは相変わらずゆったりと流れ心地いです。

移住して一ヶ月が過ぎ、慌しく過ごしているからか年末って感じがしないんです。
なんだか、年末ギリギリまで仕事しそうな予感です。。

たまには相変わらずな日記も書かないといけないと思いこんなタイトルにした次第です。
でわでわ年始は実家にいるので、みなさんと飲みたいです。

干し柿食い逃げ犯の顔写真公開!!!

以前放送した、「干し柿窃盗事件」の犯人の顔写真がこのほど公開になりました。
犯人は、犯行現場に戻るという行動原理から、捜査員が寝ずの張り込みを行い、ついに
目撃に成功しました。

犯人は捜査員に気がつき、一目散に飛び立ち取り押えることは出来ませんでしたが、有力な情報を得た干し柿特捜本部は
「彼が捕まるのも時間の問題でしょう」
と強気のコメントを残した。

周辺住民の方は、この顔をみたら特捜本部まで連絡 夜露死苦!!!

炭焼き職人

イベントのお手伝いで、ドラム缶炭焼きをしちゃいました!!

炭焼きっつーのは、奥が深く一日そこらで習得できるもんじゃなく、初めてやったらみんな灰になったり全然炭が収穫できなかったりと大変なわけです。

午後1時から火を入れ始めて、あんやこんやして夜まで〜ぇ

夜の6時になれば、満天の星空の下、火に薪をくべて火と会話
12月の夜風は体の芯まで、瞬間冷凍しますが、カルシファーが暖めてくれまする

満点の星空の下、火を囲みながら、粋な上司のはからいで、出前ラーメンを食べた日にゃ〜
心の芯まであったまるなぁ

冬の炭焼きは寒いけれど、そんだけ火の暖かさや澄み切った星空を体験できちゃいます。
結局、翌朝5時までんの15時間くらい外で薪をくべてたけど、日が沈んで星を見て月が出て霧が出て・・
一夜にしていろんな夜を体験しちゃいました。。

炭焼き なかなか良いもんですよ 今度はみんなでやってみたいなぁ

ページの先頭へ