小菅村日記
(多摩川源流大学)

木帯編み

以前紹介した、「木帯編み」ですが、完成作品にはいろいろ形があるので、今回はとりあえずベーシックな物を取上げてみました。

他にも、コースターとか鞠、とか小物入れも作れるみたいです。

この木帯は、小菅村物産館にて販売中です。

ミニ文化祭

村では10月27〜11月4日まで、役場2階会議室において「ミニ文化祭」が開催されています。

中学生・小学生はじめ、村の方々のつくった編み物や習字、絵画、盆栽などが飾られています。。


そこに、源流大学でもぜひ出展しようということで、急遽展示物を作りました!!

せっせと一人で・・・朝・昼・夜飯抜きで!

げっそりです。

でもー


学生がみんな楽しく実習をやっている様子が、一人でも多くの村民に伝わればいいなと思って、写真を多数いれ作成 しました!!

反響が楽しみです

ソバの脱穀

先々週の日曜に刈入れしたソバを天日に10日ほど干し、ソバの実を茎から取る「脱穀」を行いました。

ズシリとおもかったソバの束は、軽く細くなっていてソバの実も黒くなっていました。

プラスチックケースの底をつかって実を落とし、トウミという実と枯葉などの混ざり物を風の力で吹き飛ばす作業をし、実を洗い砂をおとし 天日干しました


以外に重労働でたいへんでしたが、今回の収穫で1斗弱とれたかもしれません。

タイからの交換留学生が来た

今日から2泊3日で、農大のタイ交換留学生が小菅に入ってきました。

今日の午後は源流大学で、小菅村の概要と源流大学の取り組みを紹介し(事務局は、もちろんタイ語で・・・・・(ウソです)

その後、小菅村で活動するゆうゆうクラブのお母さん方による、木帯編みを体験してもらいました。

このあと煮込みうどんづくりをやったり、明日は山を歩いたり滝をみたり、最終日には村の祭りを見学したりと、盛りだくさんのプログラムでおもてなしする予定です。。。



でも・・・



タイの方にとっては小菅は極寒の様で、みなさんコート・ジャンバー着込んで寒そうでした・・・ 明日は大丈夫だろうか・・・

実習番外偏

みんながバスで帰った後、居残り組みでソバ刈りを行いました!

8月に畑を借りて、撒いたソバがちょうど刈り時だったので手伝ってもらったわけです。。

ソバは豊作までとはいかなかったわけですが、台風にも負けず(撒く時期が遅かったから(^^;

元気に成長してくれました!
所々、厚く巻きすぎてヒョロヒョロのとこがあったり、疎に撒いて太くなってたり・・・いろいろなソバができてました。。

まぁ初めて作ったのに、以外にちゃんと出来ていたので自分でもびっくりです。

源流大学の実習より実習っぽく、手伝い人みんな真剣に無言でソバを刈っていました!来年はぜひ実習で一からみなさんで蕎麦を作りたいものです。 
そのときにはぜひみなさん、参加してくださいね〜


てか・・・

今回アンケートとったのですが・・




実習参加した人で、この小菅村日記読んでる人が7人しかいなかった

せめて実習参加している人には、全員とは言わず多くの人に読んでもらいたいものです・・・
日記普及作戦のアイデア募集します☆ よろしくお願いします。


ページの先頭へ