小菅村日記
(多摩川源流大学)

今週末は【田植え】デス

今年三月から始まった田んぼ再生が、ついに田植えまでこぎ着けました


まぁここまで来るのに、思い出せばいろいろあったなぁ〜

クズ根との戦いに始まり・・・

水を入れ続けても水が抜ける田んぼ・・・田んぼじゃないじゃん!

なんとか、水が溜まったと思ったら、スギナの大発生

おいおい、植物は【水・光・酸素】が無いと成長できないって中学校とき教わったぞ!! 

なんで、水中でスギナ育つんじゃーーー

と、植物の脅威のパワーに圧倒されたり


しかし、植物の上をいくもの  それはカルガモちゃん
食欲旺盛なカルガモちゃんには、稲籾ちゃんもかないません

大量発生したカエルの卵っちは、無事にオタマちゃんになりこれからの成長が楽しみな子ども達です。



今週末はやっと苗が田んぼに植わるわけですが、またそこからいろいろな事件・物語の第2章が始まると思うと、ワクワクしてきますね。


↓学生が作成した田植え告知用ポスター 保育園・小中校・役場に張ってもらっています。

実習終了!

50人以上の学生を迎え入れての実習が終わりました!!


1日目は長作地区においてツツジの下草刈りや遊歩道脇のワサビ田の修復を行いました。
地区の景観や農地を保存・維持していくためには、大変な労力が必要だということが少しは体験できたでしょうか?

また、三時には地区の方からの差し入れで、ジャガイモの煮付けとお茶を頂きました

ありがとうございまーす。
休憩中のこのジャガイモがなともウマイっ!!!


心配していた雨は、1日だけなんとか持ちましたが2日目は、降ったり止んだりで、やもなく雨プログラムに変更。

源流大学のある白沢地区で、魅力発見マップ作りを行ないました。
近々、みんなの発見マップをまとめて一枚の地図にして展示したいと思います


こんなに・・・

晴れているのに、明日から雨なのでしょうか?

本当に雨なのですか?良純さん?

なんとかならんのですか?良純さん!!


なんだか、予報とは、当てて欲しいときに当たらず、当てて欲しくない時に当りなんだか、うらめしやぁ〜 って感じです。


明日は、基礎コース第1回目の記念すべき実習であり、50人の学生が実習するという、なんとも喜ばしい日なのに



【10日後】 農業コース ソバ撒き  

雨ふる5月10・11日に行われた農業コースの実習で撒いたソバの種が芽を出し始めました

手が凍える中撒いた種は、なんとか元気に育っているようです。

これからスクスク育っていきますぞーー

田んぼは一年にして、成らず!!!

田んぼの報告が、全く行なわれていませんでしたが・・・

そうです。

良い報告が、無いのです。(本当はいっぱいあるけど)


4月後半に籾撒きを行い、その後順調に水が張り当時は来客として歓迎されたカルガモも最近では、めっきり姿を見せなくなりました。
田んぼのスギナは、元気良く伸びはじめ今週末は草取りを行なう予定です。

そして、5月31日・6月1日には田植え!!!


田植えのために自力で苗を育てる、そのための籾撒きでしたが・・・・・ まてどもくらせど苗の芽が出ない

5月1日 出ない  


5月10日 出ない

5月15日 出ない


ということでした。
あんなにいっぱい籾を撒いたのに・・・田んぼ以外で所有者の方が発泡スチロールに撒いた籾はしっかり育っているのに・・・・


いろいろな方にご意見を頂いたところ・・・・


「カルガモに食われたんじゃないか」ということです。


あ〜ヤツの仕業だったみたいです。水草食ってると思いきや、籾をしっかり食っていたようです

悔し〜〜いですっ

カルガモの食害から逃れた数本が、ちょこっと延びているので大切に育てたいです。。

  

ページの先頭へ