小菅村日記
(多摩川源流大学)

下草刈りで千両をみつけた!!

畑に入れる堆肥を作るため、雑草の下草刈りをしました。

刈った草は、糠や土とまぜまぜして堆肥としてこの夏のソバ畑に撒きたいと思います

そんな下草刈りをしていると・・・・

なんと千両発見!!!!


せんりょう

センリョウ

染料


金ではなく染料です。


雑草に混じって茜色に染めることができる「アカネ」ちゃんをゲットしました。
最近ではなかなか自生が無くなっているなかで、威勢よく繁茂しておりましたので、ちょっとだけ拝借してきました。

染料にするには、根を煮出してその汁を使うようです
今度手ぬぐいでも染めてみようかな

苗も元気に生長中

ここ最近、雨の日や曇りの日と晴天の日が交互に来たりするちょっと梅雨っぽくない梅雨ですが、田んぼの苗たちは元気に成長中です

植えたときより、背丈も1.5倍くらいになってきました。
同様に、スギナ君たちも徐々に顔を出し始めております。
今週末は、田植え後初雑草抜きかな


あと、溜池のモリアオガエルの卵塊もどんどん増えて現在12個

ん〜いい感じで田んぼ&ため池が面白い状態になってきております。

季節のフルーツ

小菅では、果物がほぼ採れません。採れないというか作れません。

なので、フルーツ系のものは中々物産館には出回りません。山梨といったら「ブドウ」「桃」が有名ですが、小菅でブドウを作っている人は聞いたことがありません

なので、季節の山の果物が唯一の小菅で採れる甘味です。(タブン)

その中のヒトツ。モミジイチゴ

ちょうど今の時期が旬です。オレンジ色の粒が太陽の光を浴びるとイクラの様です (山の幸なのに、海の物に例えてしまってスイマセン)

透き通ったオレンジがすごい綺麗です。
今年は、当たり年で大豊作!! モンスターモミジイチゴもゲットです。
通常サイズの2倍くらいです↓

ムササビちゃん ついに激写!

夜行性のムササビちゃんを見るためには、昼間に巣穴を確認してその後、夕方その巣穴が見えるところから観察し日没後に巣穴から出てくるムササビちゃんを見る方法が、確実なのですが・・・


今回見たのは、巣穴から昼寝中の寝ぼけムササビちゃんです

薄目を開けて、寝てますっ!!
可愛いですねぇ〜〜

今度は夜に元気な姿を見たいですな

動物じゃないですが、珍しいもの

池の周辺の木の上に産卵するという、カエルの中でも特殊なヤツです。地域によっては天然記念物になっていたりする見つけたらラッキーなカエルちゃんです。


源流大学近くの水溜り(昔は小学校用のスケートリンク。今は水溜り)にいました。

夜行性で撮影したのは夜の8時近くです


本当はムササビを撮影しにいったのですが、巣穴から出てきてくれなかったのでこちらのカエルちゃんを激写してきました。

モリアオガエルちゃんです

ページの先頭へ