小菅村日記
(多摩川源流大学)

【田んぼ】 稲刈り準備

先週とはうって変わって、さむ〜ぃ月曜日です

先週は、4日に行われる長作田んぼ稲刈りのための準備作業を行いました。

とりあえず、一区画刈ってウマ(稲を干す台)を作りながら、当日の流れや作業の確認をしたわけです。。。

荒地だった場所から、稲穂が垂れるまで一環して体験すると、この稲刈りはまさに感無量

稲を刈る手にも、力がこもります。

4日は、村民の方も大勢集まり、村長&学長までもいらっしゃるという、源流大開校式に次ぐ大イベントになりそうです

来て下さる皆さんに、楽しんでもらえるよういろいろ企画してお待ちしておりますので、4日13時は小菅村長作に・・・・


全員集合っっっ


【田んぼの先生である所有者の方に、ウマの作り方を教わっております】

【村の中】 アケビ採りに明け暮れる少年A

今回ゲットしたアケビは、川にせり出した木に巻き付いていたので、採るのに一苦労。。

竹ざおの先に、鎌を取り付けてとってみました。

腕の力が必要です。

でも、取れたときの喜びはひとしお

【村の中】 秋の味覚 ゲットだぜ

表題は若干古いですが、まさにゲットです

アケビ


つる性の植物なので、木の上のほうになっていることが多くなかなか採るのにてこずります


食べるのは種の周りの白い部分で、食べるというより口の中に種ごといれて味わう感じです。野生の甘さというか、梨みたいな甘さが口の中に広がります。

【田んぼ】 トンボ

ミヤマアカネ

まさに赤トンボです。羽の先の方に、黒い帯があるが特徴ですね。

小菅ではクルマトンボって呼んだりするそうです。飛んでいる時に黒い帯の部分が、車のタイヤの様に見えるからだそうです

【田んぼ】 カマキリ

蟷螂:カマキリ

あの鋭い視線が怖いですねぇ〜

今はちょうど、稲穂の上にいて稲の茶色加減と絶妙にマッチングしています!!

まさに擬態

ページの先頭へ