小菅村日記
(多摩川源流大学)

麦脱穀-しなっこ

遅くなりましたが、
先週の日曜日に

ムギちゃん脱穀してきましたーーー

かわいいかわいいムギちゃんの
粒数を数えたり、
重さを計る任務を藤垣先生に託されたので、
脱穀前に
みんなで学生っぽく机に向かって作業しました
THE農大生 だったね

それぞれのムギちゃんで実のつき方は違うし、
数も重さも、形さえまったく違くて、
同じ畑で育ったムギちゃんたちでしたが、
それぞれみんな個性豊かに育ってくれて
とても愛らしい子たちです

ちょっと天気が怪しかったけれど
みんなでブルーシートを使いつつ、

足踏み式脱穀機まわしました!!
わ〜いとれるとれるーー♪


と思ったが、、、


しかーーーし!!



原始的に
叩き棒でたたいたほうが早いことを発見してしまいました

機械を使うのもコツがいるなぁ
むずかしかったです〜

その後は、箕を使って籾殻と種の選別です!

風にあおられた籾殻を浴びつつ、
なんとか、選別することができました

みんなお疲れ様でした!

次は、いよいよ調理になるのか!?
なににして食べようか、すごく今から楽しみです♪
100%国産、80%小菅産、20%農大産小麦イエーイ

【その他】  梅雨明けしたね

まさに梅雨明けした天気

夏を感じさせてくれる太陽がサンサンと輝いております

こっちに来てから、こんな季節の変わり目が身近に感じたり見たり味わうことが多くなっている事務局です。

そんな事務局に今月より、力強い戦力が加わり2名体制で源流大学を転がしていくことになりました

フレッシュなパワーを注入し、ますます活発に活動していきたいですね〜〜〜

写真は、季節限定で源流大学にお手伝い兼、男所帯の源流大に花を添えてくれる 一輪の花 

ヤマシタユリカちゃんです(本名ヤマユリ)
今後とも宜しくお願します。

【実習】 焼畑下草刈り

7月4・5日と焼畑予定地の下草刈りをしました〜

焼畑をやる前の、草刈りでこの刈った草を燃やした灰が畑の重要な肥料になるわけです。

化成肥料などが出回る以前、日本全国の小菅のような山間地の村ではこの焼畑をやって畑を作っていたそうです。

まぁ山を焼くわけですけど、焼く場所は何十年前に焼畑やった場所でそこで焼畑やったら数年畑として使い、その後また草木を生やし数年後にまた焼畑やるという、循環をしながら山を畑として利用していました。

ん〜焼畑の技術は草刈って燃やして畑として使うだけだけど、奥が深いのであります。

本番の火入れは8月3日を予定しております

4、5日の活動―しなっこ

今回は・・・
ついに麦刈りをしてきました

カビ病が心配でしたが、なんとか
しゅうかーく
麦ちゃん、ありがとう

今日は、その麦ちゃんを源流大の校舎の2階に干してきましたー♪

われらが麦娘たち
しっかり者かなちゃん、多肉植物好きユリちゃん、夜の女王ケーコ
たちが、丁寧に丁寧にていねーいに、、、
結んでくれたおかげで、品種ごとにきれいに束ねられていました。

ありがとう  おつかれさまです!!


食べるのがもったいないかんじですね

また、畑作業もモリモリやってきました〜
今回は除草、トウモロコシの移植とマルチをはってきました

天気もちょうどよくて、すごいはかどりました
いやぁ、この季節は畑作業も気持ちがよいものです☆

雑穀もだいぶ育ち、そろそろ間引きが必要で、
ナスもキュウリも、特にサツマイモがスクスク育っていて、
今日はトマトも一つだけ収穫することができました
初めての畑での収穫物なのです。
格別、最高ですね!!!


これからは害虫に注意しなければ!!
収穫祭も模擬店出すのできてくださいねー♪

【その他】 川のリーダー講習会やるよ!

小菅村では、小学校の夏休み期間に小菅川の源流の沢登りを体験する「源流体験」っていう企画を小学生の団体等に実施しています。

この源流体験のサブリーダーを養成講習会を下記日程で開催します。

興味のある方は、ぜひこの機会に講習会にでて源流サブリーダーになっちゃおう

日程
7月11日(土)9:30奥多摩集合

詳細については、申込者にお伝えします!!!

ページの先頭へ