小菅村日記
(多摩川源流大学)

小菅のアートとお散歩カフェ(仮)

5月はじめに飯能市黒指地区と細田地区で行なわれている「お散歩マーケット」にいってきました。

地区住民が個々にお店を出したり、ギャラリーを開催してたり、縁側を休憩所として開放していたり、地区を満喫できるイベントでとってもよかったです。

普通の観光イベントとは違って、地区で、住民で出来る範囲でやっている感じが無理をしていなく好印象で、これがこれからの地域の活性化なのかなと思っておりやす!

そんなわけで、参加した事務局その他は帰りのバスの中で、小菅だったら温泉周辺でやったら面白いなぁ〜〜と話していた矢先

法政大の神谷先生から「学生の作品発表の場を温泉周辺でつくれたらいいな」との話が・・・

ちょどいいということで、お散歩+アート作品をマップを片手にめぐるイベント立ち上げます

日時は9月11・12日 温泉周辺でやります。

そのネーミングがなかなか決まらんですよ

またネーミングが・・・・

ネーミング以外でもこんな企画があったら参加してみたいってのもありです

相変わらず、下記掲示板で募集します。
http://nodai.cc-town.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=2504&post_id=35932#forumpost35932


写真上:お散歩マップこんなイメージ?いろんなところに見所があるといいね!

写真中・下:飯能のお散歩マーケットに参加風景
http://park15.wakwak.com/~minamikoma/yokanbe/event/sanpo/index.htm

コンニャク畑の麦刈り初体験

小菅村の中でも一番の急傾斜畑をもつ橋立地区に、麦刈りのお手伝いに行ってきた

斜面したからみたら、果てしない天まで届きそうな畑にづーーーーーーーーーと上までライ麦が育っています。

そいつらを、刈って畑に敷き詰め、畑の肥し&雑草防止のマルチにします。


作業した日も、ピーカンのお天道様に見守られ、さすがに斜面だから日当たりバツグン

5月なのに猛暑


まーでも刈るだけの単純作業です。休み休みやりました。


休んでいる時、谷から吹き上げる谷風が再興に心地いい


いままでづ〜〜〜と雨降んなかったね[m:1]

それはそれで、いいんだけど

畑の土が乾燥しすぎて、撒いた種も芽が出ないし、出た芽たちも可愛そうでした[m:79]

予報では今日から雨だったので。

午前中に大豆を撒いてみた。

そした午後から雨降ってくれました[m:205]


久々に雨を受けた土も、なんだか落ち着いたみたいです。

やっぱ恵の雨や[m:3]

そして、今日はもう晴れ[m:1]
空気が澄んでる

実習1回目続き

つづき・・・

2日目は村の新たな特産物として期待されている「マコモタケ」の植え付けを行いました

腰くらいまである長靴を履いていざ泥の中へ!!!

・・・うっ

・・・・ううう

・・・・・・うわーーーー。泥地獄です・・・太ももまで泥につかり思うように歩けないんです

田植えで慣れていた私も、今回ばかりは・・・
全身運動で、疲れてしまいました
村のおじいさん・おばあさんは元気いっぱい!がんばっておりました

学生さんたちもさすが若者!元気いっぱいマコモタケを植えてくれました。元気ありあまり過ぎて泥の中にダイブ!しちゃう学生さんもいました

終了後、近くの川で泥や汚れ疲れを癒し、村のお母さん達お手製のお味噌汁とおにぎり弁当を食べ作業終了となりました。

参加してくれた学生の皆様お疲れ様でした!第2回目実習の学生さんもお楽しみに!!!

第1回実習開催!!

こんにちは!世田谷事務所のちゃのです

先週末、第1回目の基礎コースの実習が開催されました!!!
今回はわさび田の整備とマコモタケの植え付けをしました

わさび田の修復では、3年位前に台風で崩れたわさび田の修復作業を行いました。

今回の実習は女の子が多かったのですが、男子も女子もよくはたらいてくれましたよ〜。

大きな石を運んだり、崩れた砂利を平らにしたりと大作業で腰が痛くなってしまいました。
また、学生さんたちはわさび田に行くまでの道のりにもびっくり!
細い山道を道具を持って歩くのは大変なことだと学ぶことができました

夜は小菅村のゆうゆうクラブの住民講師の皆さんと東京大学の水関係の研究をしている院生の皆さんと交流会を行いました

色々な人が集まると色々な考えやアイディアが生まれて面白かったです

翌日は・・・


                           つづく

ページの先頭へ