侍魂
(相撲部)

『ホッ』とする日々

平成19年4月29日から始まった今年の試合も、先日の全日本選手権で終了となりました

今年は昨年のメンバーと比べて確実に力が落ちているという見方をしていたので、試合になるたびにヒヤヒヤドキドキしていました

宇和島4位、宇佐ベスト8、九州予選敗退、和歌山予選敗退、東日本ベスト8、七尾ベスト8、弘前予選敗退、十和田ベスト8、リーグ戦5位、学生選手権ベスト8、高知4位・・・・・考えてみると良くやったと思います (君達凄い!!)

一生懸命努力して頑張った結果だったから『納得できる』結果だったと思う 来年は今年以上に厳しくなると予想していますが、新主将を中心に頑張って今年以上の成績を出せるように頑張ります

近いうちに新幹部の発表をしますので、期待してください。

報告

昨日、山口県相撲連盟副理事長の松本先生(主審:世界の松本)から本学相撲部の関係者に連絡があり、『ブログへの掲載、本当にありがとう!!ブツカリさんに宜しく伝えてください 』・・・・・見てくれているんですね


最高に嬉しい気分です どんどんやっちゃいますよ 期待していてください

全日本選手権・・・・・反省会?

反省会といっても、『みんな頑張ったからご飯食べよう』という会に変更してしまい、楽しい時間を過ごしました

みんな応援してくれましたが、この3名も気合の入った応援をしてくれました

本当にありがとうございました

全日本選手権・・・・・反省会?

今回の試合での反省は・・・・・「特になし」という富田先輩と久保田さん

この二人は本当に愉快な人ですよ

来年の全日本でも待っています

全日本選手権・・・・・その?

小笠原史男先輩はとても素晴らしい先輩です

今回の試合では、胸と上腕の筋肉が切れていて、力が入らない状況なのに、真っ向勝負を挑んだ この人の精神面と忍耐力をみんなで学びましょう

また、この試合の主審をやっている人にも注目してみましょう この方は、日本○育大学の卒業で、現在は山口県相撲連盟で副理事長として頑張っている、『松本峰和』先生なんです

11月にタイ国チェンマイ市で行われた世界選手権においても主審を行い、『世界の松本峰和』として名を轟かせたのです

ページの先頭へ