あつぎキャンパスきまぐれ日記
(厚木入試課Blog)

松林尚志教授(農学部生物資源開発学科)講演「ジャングルの動物と塩の話」


神奈川県立 生命の星・地球博物館において、特別展に関連した講演会「生き物のふしぎ」が開催されます。

農学部生物資源開発学科 松林尚志教授が講演をいたします。

奮ってご参加ください。事前申込み不要・当日受付・無料です。

【日時】
10月19日(土)13:30〜16:20

【講師・講演タイトル】
樋口広芳(東京大学名誉教授)「鳥たちの旅―おどろきの旅路を探る―」
松林尚志(東京農業大学農学部教授)「ジャングルの動物と塩の話」
秋山幸也(相模原市立博物館学芸員)「すぐそこにある、生きものの不思議」

詳細はこちら
http://nh.kanagawa-museum.jp/event/info/ev594.html

栃木県立真岡北陵高等学校の団体見学

厚木キャンパスでは、10月11日(金)に栃木県立真岡北陵高等学校の1年生40名の団体見学受け入れを行いました。
高校生は、動物科学科 動物生理学研究室 半澤 惠 教授の講義を受けた後、動物生殖学研究室と動物栄養学研究室を見学しました。
高校生の時から、大学を見学し、講義を受けることで、進学に対して具体的にイメージできるようになります。
厚木キャンパスでは、高校生に大学の学びを知っていただくため、高校からの団体見学の受け入れを行っています。

10月19日、20日大船ルミネウイング「うまいもん大学2019」に出展

大船ルミネウイングで開催される「うまいもん大学2019」に農学部デザイン農学科食機能科学研究室が、出展いたします。
「うまいもん大学」は、大学と食品メーカーがコラボレーションし、神奈川県産の食材を利用した新たな商品開発をめざす取り組みです。
農学部デザイン農学科食機能科学研究室は、『「食」の新たな機能を発見して「食」の潜在能力を最大限に引き出す研究』を行っています。
今回、食機能科学研究室惣INOUEが、コラボレーションをして、鎌倉野菜で「農大ピクルス」を製造しました。
是非、お越しください。

日 時:2019年10月19日(土)10:00〜18:00、10月20日(日)10:00〜17:00
場 所:大船ルミネウィング3F正面入口

「うまいもん大学2019」の詳細はこちら
https://ofuna.wai-gaya.com/category/event

相模原高校1年生 高大連携講座

10月2日(水)に相模原高校1年生86名が厚木キャンパスに来ました。
相模原高校の1年生に、大学の学びを理解してもらうことを目的として、デザイン農学科 長島 孝行 教授と、櫻井 健志 准教授が講義を行いました。
生物の機能を利用するというキーワードで、カイコガを利用した匂いセンサーや、ハスの葉を利用した布、カイコガの目を利用したフィルムなど、実際に見て触れる体験型の講義でした。
高校生は生物の機能のすばらしさを感じていました。
「農学」という学問の広がりを理解いただけたと思います。

収穫祭団結式

10月2日(水)に厚木キャンパス収穫祭の団結式を行いました。
収穫祭は、東京農業大学の学園祭で、厚木キャンパスでは、11月2日(土)、3日(日)に開催されます。
食べ物や農産物を販売する模擬店や研究内容などを発表する文化学術展など、各団体が様々な出し物を行います。
団結式では、収穫祭の実行委員長の挨拶や、学科統一本部の代表挨拶などが行われ、各団体の団結を深めることができました。
これから、収穫祭に向け各団体は準備に入ります。
今年も面白い収穫祭を学生が作り上げますので、ぜひお越しください。

ページの先頭へ