あつぎキャンパスきまぐれ日記
(厚木入試課Blog)

日本昆虫学会関東支部 第51回大会の開催

日本昆虫学会関東支部 第51回大会を開催いたします。


日 時:平成26年12月6日(土) 午前11時より

会 場:東京農業大学 厚木キャンパス 講義棟1102教室

大会参加費:500円
懇親会:会費2500円


*大会費・懇親会費は当日会場にて徴収いたします。

どなたでも参加できます。

プログラム、会場案内は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先:
日本昆虫学会 関東支部 事務局
東京農業大学 農学部 農学科 昆虫学研究室内
Tel:046-270-6365(小島直通)/ 6443(昆虫学研究室)
Fax:046-247-4338(学部共通)

グループでの大学見学

高校生、中学生が、グループで大学見学に来られることが多くなりました。

・山形県立米沢興譲館高校5名
・平塚市立金目中学校7名
・平塚市立旭陵中学校6名
・平塚中等教育学校30名

高校生は学科のマナビの中心となる研究室見学、中学生はバイオセラピーセンターや植物園など、大学の施設見学をしていただきました。
平塚中等教育学校の生徒さん達は、職場訪問ということで、伊勢原農場の見学、ダイコン収穫も行いました。

『社会的福祉的公益財としての都市農業』フォーラム開催します

東京農業大学総研研究会

第10回新規就農推進フォーラム



『社会的福祉的公益財としての都市農業』

を開催いたします。

どなたでも参加可能です。
高校生の皆様の参加をお待ちしています。

日時:平成26年11月29日(土) 13:00〜18:30

場所:東京農業大学厚木キャンパス
第二講義棟3階(2301教室)


受付:12:30から第二講義棟入口


第1部 基調講演(13:00〜15:00)

 ◎講演1「厚木市における都市農業の未来と戦略展開」
     大矢和人(JAあつぎ指導販売部部長)

 ◎講演2「都市農業における社会的福祉的活動の取り組みと課題」
     大貫智義(横浜市青葉区で営農、平成7年農学科卒)


第2部 報告(15:00〜15:30)

 ◎報告1「都市農家の社会的福祉的公益財としての意識調査」
     小川豊(バイオセラピー学科4年)

 ◎報告2「社会的福祉的公益財としての都市農業への市民の意識調査」
     本間友菜(バイオセラピー学科4年)
     田島和弥(バイオセラピー学科4年)


第3部 討論会(15:40〜16:40)
 「 豊かな社会の構築に貢献する都市農業の役割」
  コーディネーター:宮田正信(東京農業大学総研研究会就農者推進教育研究部会長)


情報交換会(17:00〜18:30):レストラン『けやき』

もったいないガーデン

厚木キャンパスに

「みんなの もったいない ガーデン」

があるのをご存知ですか?



使われていない土地や自然エネルギー(光・水・落ち葉)を

活用しないのは

もったいない!


みんなの「もったいない」精神から、この庭は生まれました。



四季折々の風景 を楽しむことができます。

夜は、ソーラーパネルで貯めたエネルギーで、LEDライトが点灯し、昼間と異なった趣になります。

あつぎ協働大学

11月8日にあつぎ協働大学を開催しました。
「アニマルセラピーは人の心を救う希望の一手となり得るか」
のテーマで、
バイオセラピー学科 内山先生の講座でした。

ページの先頭へ