あつぎキャンパスきまぐれ日記
(厚木入試課Blog)

世田谷オープンキャンパス 農学部紹介


8月4日(土)、5日の世田谷オープンキャンパスでも農学部の紹介をいたします

農学部4学科の『学科紹介&資料展示』と先生方による『特別講義』を行います。


8月4日(土)
11:00〜11:30
「野菜?果物?〜イチゴ、トマト、ペピーノはどっち?〜」高畑健 准教授(農学科)
 野菜と果物の違いは何か?また、厚木キャンパスのブランド作物にしようと奮闘しているペピーノについて、さらには高糖度果実生産のための新しく開発された栽培方法についてなど、豊富な写真を用いて熱く講義します。

12:00〜12:30
「農大の動物科学」半澤惠 教授(動物科学科)
 動物科学科は昨年誕生したばかりの若い学科です。研究室構成や研究テーマを紹介し、「畜産学」の進化形である「動物科学」が、生命科学、動物とヒトとの共生、動物生産にどのように貢献するのか紹介します。

13:00〜13:30
「アブラナ科野菜の多様性と遺伝資源」和久井健司 教授(生物資源開発学科)
 日本人に馴染みの深いアブラナ科野菜は多様な形質を示す品種を多数含んでいます。こうした多様性はさらに多様な遺伝資源によって支えられています。21世紀の農業と食を支える遺伝資源について考えてみましょう。

14:00〜14:30
「『訪問かいこ』はじめました」川嶋舟 准教授(デザイン農学科)
 高齢者や障がい者などに「かいこ」を飼ってもらい,生きがいと収入が得られる画期的な農福連携モデルです。このモデルを例に生活の中のある農業について考えます。

8月5日(日)
11:00〜11:30
「生き物に学ぶものづくり」長島孝行 教授(デザイン農学科)
 生き物はとても機能的な構造をしており、それはさまざまな技術に応用されています。この講義ではそんな生き物の「あっ」と驚く素晴らしい構造や機能を応用した次世代のものづくりについて解説します。

12:00〜12:30
「遺伝資源から見出す有用形質」和久井健司 教授(生物資源開発学科)
 スーパー等に並ぶアブラナ科野菜の多くは、特定の両親の雑種一代目である交配種 (F1) です。そしてこのF1種子は、突然変異で生じた遺伝形質の利用によって獲得されています。私たちの食を支えているF1品種作出の仕組みと意義について講義します。

13:00〜13:30
「農学2.0『広がりを見せるアニマルサイエンス』」桑山岳人 教授(動物科学科)
 動物生命科学の追求と生産科学への貢献によるアニマルサイエンスの新しい展開について解説します。

14:00〜14:30
「光。ビックリ!こんなに変わる植物」雨木 若慶 教授(農学科)
 植物にとって光は大切な環境要因の一つです。光の性質には次の3つ、強さ、明暗周期、色(光質とも呼びます)がありますが、これらを上手にコントロールすると植物は吃驚するほど大きな変化を示します。

日本農業新聞広告賞『奨励賞』 受賞

日本農業新聞(2017年10月28日付)に掲載した広告が、平成29年度第14回日本農業新聞広告賞『奨励賞』を受賞しました。教育機関の広告が、広告賞を受賞したのは、今回が初めてとのことです。

広告内容は、2017年11月10日に開催した「農学部シンポジウム」開催告知です。
審査委員長から「4人の研究者によって広がる農学へのチャレンジを紹介。記事広告でありながら、エディトリアルデザインとしても優れた広告となった」との講評をいただきました。

表彰式は、2018年7月13日に浅草ビューホテルで開催されました。

厚木オープンキャンパス お知らせ No.8

8月4日(土)、8月5日(日)厚木オープンキャンパス情報です。

『キャンパスライフ』紹介

『在学生による就職相談』
在学生と職員が卒業後の進路に関する相談に応じます。農学部独自の就農支援支援プログラムについても紹介もいたします。
卒業生たちがどんなところで、どんな活躍をしているのか?
東京農大農学部卒業後についても考えてみませんか?

『住まい情報&農大生協』
ひとり暮らしの住まい情報を紹介します。
厚木市ってどんなところ?キャンパスまでの通学距離や家賃相場など、はじめてのひとり暮らしに必要な情報を入手してください。

『知識に触れよう』
本部棟3階にある図書館。図書館で所蔵している古今東西の膨大な知識に触れてみましょう。
学生達が日頃使っている”農学”関連の専門書や教科書がたくさんあります。
図書館閲覧室からの外の眺めはサイコーですよ。

『農場紹介』
農場の教職員と学生が、農学部の特長的な施設、伊勢原農場と富士農場を紹介いたします。農学部4学科は、農業実習で伊勢原農場と富士農場で実習を行います。
農場技術練習生についてもご紹介しています。

『アグリラウンジ』
「アグリラウンジ」で涼みながら、オープンキャンパス特製オリジナル『ラズベリーアイス』をご賞味ください。
資料展示や、アンケート回収を行っています。

『学食・売店』
・レストランけやき 10:00〜16:00
・BunBun(ベーカリー) 10:00〜16:00
・セブン-イレブン 10:00〜18:00
・生協購買 9:30〜17:00
・内田屋書房 9:30〜17:00

厚木オープンキャンパス お知らせ No.7

8月4日(土)、8月5日(日)厚木オープンキャンパス情報です。

模擬講義では、4学科の先生方が、生産科学、植物科学、動物科学、生物多様性、農の機能性をキーワードに25分で講義をします。
学科にとらわれず、気になるテーマ、興味あるテーマの模擬講義に参加してくださいね。

8/4(土)10時30分〜10時55分 川嶋舟准教授 『福祉×農業 訪問かいこプロジェクト』
      11時05分〜11時30分 入澤友啓准教授 『世界初の「発酵たまご」開発中!』
      11時45分〜12時10分 宮本太教授 『自然は植物から創りだされる』
      12時20分〜12時45分 小島弘昭教授 『昆虫は人類を救う!』
      13時00分〜13時25分 内山秀彦准教授 『動物による癒やしを科学する』
      13時35分〜14時00分 米澤隆弘准教授 『遺伝子に刻まれた家畜の来た道』
      14時15分〜14時40分 根岸寛光教授 『農薬の安全性について』
      14時50分〜15時15分 西尾善太准教授 『品種改良はどうやるの?』
      
8/5(日)10時30分〜10時55分 庫本高志教授 『実験動物で「メタボ」の原因を探る』
      11時05分〜11時30分 平野貴教授 『牛の霜降り形質と遺伝子』
      11時45分〜12時10分 垣内仁准教授 『CO2増加と温暖化と米づくり』
      12時20分〜12時45分 吉田実花助教 『雪ではぐくむ リンゴのおいしさ』
      13時00分〜13時25分 谷口亜樹子教授 『未利用資源で美味しい食品づくり』
      13時35分〜14時00分 松田浩敬准教授 『発展途上国でも「食育」が必要!?』
      14時15分〜14時40分 宮本太教授 『自然は植物から創りだされる』
      14時50分〜15時15分 小島弘昭教授 『昆虫は人類を救う!』    

講義内容は、こちらをご覧ください。
http://www.nodai.ac.jp/admission/event/opencampus/atsugi/

夢ナビライブ2018 名古屋会場 7月28日(土)開催

7月28日(土)に開催する”夢ナビライブ”で農学部動物科学科の岩田先生が、模擬講義を行います。

岩田 尚孝 教授(動物科学科)
『受精卵の研究と医療、動物産業への貢献』
受精卵の凍結保存は、生殖医療や畜産業に広く用いられています。講義ライブでは、胚移植の利用、胚の凍結保存が起こす細胞障害の分子メカ二ズム、そして胚の回復方法を紹介します。また、胚移植を用いた和牛プロジェクトについてもお話しします。

岩田先生は神戸市出身、関西弁の楽しい講義ですヨ!


7月28日(土)2時限目 11:50〜12:20 講義ステージA-3


当日でも、模擬講義に参加出来ますヨ
名古屋で東京農業大学の先生の模擬講義が聞けちゃいます!
是非、お越しくださいネ

詳細は、コチラ
http://yumenavi.info/live/uketuke/kakunin/index_pc.aspx?p=nagoya


ページの先頭へ