教育ひろば
(教職課程)

最後の授業でも「今日の一品」

 前期「理科教育法機弸埜紊亮業において、巨大なしゃぼん玉を紹介しました。
 洗濯のり(PVA)750mlと台所用洗剤300cc(キュキュットの場合)をしゃぼん玉溶液として準備します。これにガムシロップを1袋加えて実験しました。写真のように、巨大なしゃぼん玉が教室内に出現しました。学生たちは大喜び。
 やはり授業は、つかみであり、導入の重要性が前期の授業において検証されました。身近なものからサイエンスへ。

学生たちが創る「今日の一品」

理科教育法機Ν兇亮業においては、学生による「今日の一品」を導入とする私の理科教材の発表を行っています。2週にわたって行われた内容の中から、以下にいくつかを紹介します。授業はつかみであり、導入が上手くいけば聞き手にとっても興味がわくばかりか、その後の授業のモチベーションが高まることは必至です。
 最初に紹介するのは、ビンの中に白色の液体が入っています。これを手で強く何回も振ってみました。何とバターが出来上がりました。
 身近なものからサイエンスの発見へ。

学生たちが創る「今日の一品」 Part2

物質の三態をわかりやすい図にして説明していました。

学生たちが創る「今日の一品」 Part3

会場がどよめきました。まさに「見せましょう」でした。ベンジンと水で人差し指の先に点火するというものです。原理も分かりやすく説明。

学生たちが創る「今日の一品」 Part4

昔から知られているオジギソウは何故おじぎするのかの実物提示と板書説明。もう1つは、へびの脱皮を見せてくれました。

ページの先頭へ