小さな巨人
(分子微生物学科)

第2回 サイエンスカフェ

10月3日にサイエンスカフェが開催されました。今回で第2回目となります。

大東カカオ株式会社から下向正志講師をお招きし、「神様の食べ物」と呼ばれる「カカオ」の自己紹介 というタイトルでお話していただきました。

チョコレートの主原料であるカカオが、現在の美味しいチョコレートになるまでの歴史を紐解きながら、論文の記述に従って、昔のチョコレートの作り方を再現していただきました。

チョコレートは、マヤ文明の頃から食べられており、最初は、飲み物でした。実際に飲んでみた感想としては、酸味が強く、とても美味しいとは言えない味でした。

このチョコレート飲料がヨーロッパに渡り、砂糖やミルクが加わることで現在のチョコレートに近い味になります。
実際に飲んでみると、おしゃれなカフェで出てきてもおかしくない味で、その味の変貌に驚きました!!

しかし、飲み物としてのチョコレートから食べ物(固形)としてのチョコレートになるまでには、大変な苦労があり、最終的にロドルフ・リンツが、現在の美味しい食べるチョコレートへと進化させました。
確かに、「リンツ」のチョコレートは美味しいですよね。

カカオの歴史に触れながら、実際に当時のチョコレートを味わうことができ、貴重な体験でした。下向講師に感謝です。

次回のサイエンスカフェにも乞うご期待。





オープンキャンパス1日目を開催しました

本日は世田谷キャンパスでのオープンキャンパスの初日でした。分子微生物学科の教室では、学科説明や研究内容のご紹介をいたしました。大勢の学生さん、親御さんに来て頂きました。ありがとうございました。

明日、8月6(日)も行います。ぜひお越しください!

オープンキャンパスの見どころ(資源生物工学研究室)

8月5(土)、6(日)に世田谷キャンパスにてオープンキャンパスが行われます。分子微生物学科の教室では、5つの研究室がそれぞれの研究内容をご紹介します。今後5回に分けて、各研究室の見どころをお伝えします。

【資源生物工学研究室】

 ,い蹐い蹐兵鑪爐糧細藻類の展示と顕微鏡観察。
微細藻類は一見すると、ただの緑色ですが、顕微鏡でみると実に個性のある形をしています。極限環境から単離した微細藻類も展示します。

光合成反応を自分で測定してみよう。
微細藻類が光合成反応をしている様子が体感できます。

いろいろな絶対嫌気性菌を観察しよう。
酸素(O2)があると生育できない絶対嫌気性菌は、培養が難しい微生物です。研究室で研究中のビフィズス菌などの絶対嫌気性菌を展示します。

農大博物館でも研究室の研究成果を展示しています。ぜひお立ち寄り下さい。

オープンキャンパスの見どころ(動物共生微生物学研究室)

8月5(土)、6(日)に世田谷キャンパスにてオープンキャンパスが行われます。分子微生物学科の教室では、5つの研究室がそれぞれの研究内容をご紹介します。今後5回に分けて、各研究室の見どころをお伝えします。

【動物共生微生物学研究室】

我々の腸内には、じつに多くの種類の微生物(特に細菌)が住み着いており、食べ物の消化・吸収をはじめとして、我々の健康の維持や病気の予防に重要な役割を果たしていることが近年の研究から明らかにされています。

このうち、特に有用とされているものは、いわゆる「プロバイオティクス」として
多くの種類の乳製品やサプリメントの形で摂取することもできるようになっています。

動物共生微生物学研究室では、人間やそれに近い動物に共生する腸内細菌やプロバイオティクスの機能を明らかにすることを目指した研究を実施しています。

体験コーナーでは、実際に、乳製品から分離されたプロバイオティクス乳酸菌をご覧いただきます。

オープンキャンパスの見どころ(植物共生微生物学研究室)

8月5(土)、6(日)に世田谷キャンパスにてオープンキャンパスが行われます。分子微生物学科の教室では、5つの研究室がそれぞれの研究内容をご紹介します。今後5回に分けて、各研究室の見どころをお伝えします。

【植物共生微生物学研究室】

植物は、病原菌に対する免疫機構を持っており、その働きによって病原菌の感染から身を守っています。植物病原菌は約1万種存在すると言われており、それぞれの病原菌が特定の植物種・品種にのみ感染し、病気を引き起こします。一方で、植物に共生・寄生して、植物の生長を促進する微生物も存在しています。

オープンキャンパスでは、植物共生微生物学研究室で行なっている植物―微生物間相互作用研究の一部を紹介する予定です。ぜひ、分子微生物学科の教室にお越しください。

写真1.イネいもち病菌が宿主植物に感染すると、植物組織内に侵入菌糸(青色に染色)を進展させ、感染葉に病斑が観察されます。実物をオープンキャンパスでも展示予定です。

写真2. 世田谷キャンパスの中庭に自生している白クローバーの花から蛍光を発する細菌を単離しました。紫外線を照射すると青白く蛍光します。実物をオープンキャンパスでも展示予定です。

ページの先頭へ