小さな巨人
(分子微生物学科)

DNAの抽出とDNA濃度&精製度測定

 農大のプロジェクトでカンボジア貧困地域の衛生面向上を目標に昭和女子大、山梨学院大の先生方と共同で現地発酵食品の衛生検査を行っています。
 最終的にDNAで低コスト、高感度、迅速なシステム開発を目標としていますが、まず材料作りとして大腸菌やサルモネラ(共に無毒株を使っています)からDNAを抽出しました。
 濃度と精製度は吸光度から測定できますが、今は1μlで測定することができます。
 この後は遺伝子増幅でのパターン解析に持って行きます。

せんだんごの製造

 長崎県対馬市の伝統的発酵食品、「せんだんご」の研究のため、原料のサツマイモの発酵をスタートしました。前半は水に浸漬し、その間に酵母や細菌による発酵が進み、後半はカビによる発酵です。
 現在は酸の匂いがでてきており、発酵はまずまずの様です。

せんだんごの製造

 長崎県対馬市の伝統的発酵食品、「せんだんご」の研究のため、原料のサツマイモの発酵をスタートしました。前半は水に浸漬し、その間に酵母や細菌による発酵が進み、後半はカビによる発酵です。
 現在は酸の匂いがでてきており、発酵はまずまずの様です。

魚醤油の製造

 先週、魚醤油のモデル製造を始めました。1週間ほど経過し、魚から液がでてきて分解が始まっている様です。
 美味しい魚醤油を作るのと近年問題になっているヒスタミン量(基準より多くなる場合がある)を解決するための卒論です。
 魚は複数種のイワシでご協力頂いている漁協にお送り頂いています。

碁石茶にカビが生えてきました。

 先週に調製した碁石茶を作るための茶葉にカビが生えてきました。カビというと腐ってダメになるイメージもあるかもしれませんが、碁石茶は一次発酵はカビ、二次発酵は酵母や乳酸菌によるので、カビはでるのは順調な証です。
 ご興味ある方は下記「ハッコラ」サイトでご確認ください。
https://haccola.jp/2018_05_16_7070/

ページの先頭へ