地域創成のポートフォリオ
(地域創成科学科)

下書きから清書へ (デザインする)

2019.5.16
地域創成1年生の地域交流実習 川場村。
下書きから清書への、デザインのポイントです!

・レイアウトに沿って全体の輪郭をつくる、
・文字の大きさと配置、 相手から見えやすいようにバランスを整える。
・ポイント、少し離れてみて全体を確認する。
・薄い線で字高線と輪郭を描き、文字のの大きさ、高さを揃える。
・写真や図面、イラストを上手に入れる。
・マジックや色鉛筆など、色を上手に使う。

各班、工夫してパネルにまとめています!

地域創成科学科
https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/


トータルステーションの設置方法のポイント

2019.5.15
地域創成2年生、測量実習、トラバース測量中です。
トータルステーションの設置方法のポイント

1、トータルステーションを三脚にすえる。
先ず、三脚のベルトを外し、足元の伸縮ネジを締めます。
脚を閉じたまま引き上げて、三つの脚を伸ばします。
脚を開いて、脚頭の高さを胸高にし、脚頭が水平になるようにします。
脚頭の上から覗き、定心桿(ていしんかん)の中心に測点がくるように三脚を移動させ、脚を踏みこみます。

2、整準ネジを使って、測点を求心望遠鏡の中央に入れます。

3、整準します。
先ず、三脚の脚を伸縮させて、円形気泡管の気泡を中央にします。
次に、整準ネジを用いて、棒形気泡管の気泡を中央にします。
ここでは、左手親指の法則です。
。欧弔AとBの整準ネジと平行方向に棒形気泡管がくるようにトータルステーションを回転させます。
■欧弔AとBの整準ネジを左右の指でつまんで、同時に回転させ気泡を中央にします。
トータルステーションを90°回転させて、奥側のCの整準ネジだけを左手でつまんで、親指の動く方向に気泡が動き中央にします。

4,致心します。
固定ねじをゆるめ,求心望遠鏡を覗きながら、トランシット上部を動かし,測点が望遠鏡中央にくるようにあわせて致心し,固定ねじを締めます。

これで設置完了です。

いよいよ、観測開始。
観測方法は交角法です。
先ず、始点の測点で方位角を観測します。
次に、測点間の角度と距離を測ります。
値は野帳に記録していきます。

地域創成科学科
https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/

パネルづくりのポイント 地域交流実習のまとめ

2019.5.9
地域創成1年生、川場村での地域交流のまとめをしています。
A3サイズのたたき台からA1サイズの下書きづくりへ
パネルづくりのポイントです。
・作業分担を決めて進めよう
・マーカーの使い方 線の太さを使い分ける。
・色を使い分ける 暖色系と寒色系。
・文字の書き方 文字にメリハリをつける。タテ線は太く、ヨコ線は細く、マーカーの角度を固定する。
・書体を使い分ける 小見出しやタイトルには中塗文字や影付き文字。
・コメントの強調 意見を目立たせる。アンダーラインや文字の囲み込み。
・コメントの演出 アイコンを付け加える。

それぞれのグループが、役割分担して
イラストを描き、マーカーで文字を書き、
パネルづくり頑張っています!
地域創成科学科
https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/

里山の体験教室

2019.4.27
都市部の貴重な保全緑地で、
春の里山体験教室「里山で春さがし」
に地域創成学科学生たちが参加しました。
里山の保全活動について学んだあと、参加者の皆さんと一緒にキンラン、エビネ、ジュウニヒトエ、カブトムシ、サワガニ、トビケラ、オニヤンマ、フタスジモンカゲロウなど、観察しました。
昼食後は、外来種とされるハルジオン、セリバヒエンソウ、ヒメヒオウギスイセンの除去作業をしました。

環境教育 ESD
生態系サービス

里山の昆虫・動物 多様な生き物が共存する里山には, 持続可能な未来へのヒントがあります。

2019.4.24
里山の昆虫・動物

地域創成フィールド実習(2)
地域創成2年生が、里山に出かけて
昆虫や動物の観察です!
たくさんの生き物達に出会えてました!

アオゲラ、ノスリ、キジ、やぶサメ、ガジ、コゲラ、シジュウカラ、ヤマザクラ,ミズキ,コナラ,イヌシデ,あまがえる,シュレーゲルアオガエル,ツチガエル,カワニナ,まるたにし,アカハライモリ,ムササビ,ドジョウ,ホトケドジョウ,タイコウチ,カワトンボ,あかとんぼ,ヤゴ,アブラハヤ,オビカレハなどなど。

多様な生き物が共存し,循環する里山には,
持続可能な未来へのヒントがあります。

#里山に学ぶ環境教育
#持続可能性
#SDGs Goal #Targets4.7

https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/

ページの先頭へ