地域創成のポートフォリオ
(地域創成科学科)

地域創成科学科 東京農業大学キャンパス見学会

2019.8.4-5
地域創成科学科 東京農業大学キャンパス見学会が行われました。
先生方や学生たちによる学科説明、や砂防の実験にはたくさんの高校生がきてくれました、
ありがとうございました!

https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/


#東京農業大学 #地域創成科学科
#土石流
#砂防ダム
#キャンパス見学会

「ひょうたん池」ビオトープ化プロジェクトと、ピザ窯づくり

昨年、武蔵村山市の小学校から依頼を受けて、
学生と教員で製作した、ビオトープと、ピザ窯のその後について、校長先生より、うれしい報告をいただきました。

昨年度は、「ひょうたん池」の整備、ビオトープ化や「ピザ窯」の製作など大変お世話になり、ありがとうございました。

今では、「ひょうたん池」は、すっかり学校の景色の一部となり、子供たち(特に1・2年生)は、校庭に遊びに行く途中で、立ち寄り、様子をよく観察しています。
自然発生した「ヤゴ」ともども元気に生育している姿が見られます。今年は、ガマ?が大量に生えてきています。シャジクモも見られます。まだまだ手探り状態です。
これからも御指導よろしくお願いします。

Esri User Conference Map Gallery 2019 /Communicating Science Spatially (Research Poster) category 1st place award

Esri User Conference(ESRI UC)
2019 年 7 月 8 日(月)〜 12 日(金)、世界最大のGISイベント「Esriユーザー会」(米国カリフォルニア州サンディエゴ)
July 8 - 12, 2019 | San Diego Convention Center, San Diego, California
Our map, “A Study on Improvement of the Value of Hedgerows of Green Infrastructure in Denmark on based of Simulating Wind Dynamics by Meteorological observation.”, has been awarded First Place in the Communicating Science Spatially category from the 2019 Esri User Conference Map Gallery.
Authored by Teruaki Irie and Tommy Dalgaard.

https://www.esri.com/en-us/about/events/uc/get-involved/map-gallery-results
https://mapgallery.esri.com/
ご指導、ご支援を頂いた皆さまに感謝申し上げます。
地域創成科学科
https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/

地域交流実習 最終発表会

2019.7.4

地域交流実習 最終発表会
今日は、入学して早々に農山村の現場で経験してきた農家との実習の成果発表会でした。
現場で見聞きし、体験したからこそ、自信のある説得力のある発表と質問がたくさんありました!
パネルのデザインやクイズ形式のプレゼンもあり、工夫を凝らした発表もあり、素晴らしい発表会でした!

現場体験、グループワーク、パネルデザイン、そしてプレゼンテーション、
こうした経験は必ず役に立ちます!
ポジティブに学び続けてください。
今日の1年生の皆さんのプレゼンテーションを聴いて、地域創成学生を誇りに思います!

地域創成科学科
https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/

イグネのある風景 故郷の風景創成

2019.6.22

イグネのある風景
故郷の風景創成

宮城県に調査に行きました。
グリーンインフラとしてのイグネの多面的機能性を明らかにするために調査研究しています。
A study on value of green infrastructure with multiple benefits of homestead trees and Hedgerows "Igune"
今日の大災害時代における我が国の国土保全上、グリーンインフラとしての多面的機能性を有する居久根(いぐね)は,気候変動の緩和と適応や災害に対するレジリエンスをはじめ,屋敷林文化の発展,生物多様性の向上,故郷の風景の再生や愛郷心に大いに貢献できると思われます。
そこで、数百年以上の間,持続的なマネジメントによって維持されてきた居久根(いぐね)の多面的機能性,特に植栽構成の工夫と生活文化的価値,減災や気象緩和効果の価値,および生物多様性向上への貢献価値を明らかにするために、調査をしています。

地域創成科学科
https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/

グリーンインフラ
防災・減災
気象緩和
生物多様性
屋敷林文化

ページの先頭へ