地域創成のポートフォリオ
(地域創成科学科)

四万十川源流の里 高知県津野町で地域連携調査をして来ました!

20190217〜0219

四万十川源流の里 高知県津野町で地域連携調査をして来ました!
地元の津野山学を軸とする体験型の環境学習の可能性を検討しました。
主体的、協働的に学ぶ授業がなされ、しかも地元木材を活用した木の温もりを感じる学校で、理想的な教育環境だなぁと感動しました!

棚田の里 貝ノ川集落では、毎週行われているという集いのカフェにおじゃましました!
いつも農大生を温かく迎え入れて下さり、集落のみなさんのおもてなしに感謝いたします、学生の顔も覚えてくれていてとても嬉しくなりました!

今回は作成中の棚田の里のホームページと、ドローンをあげて上空からの棚田の風景を見ていただきました!
次回までに、ホームページを完成させて、また来たいと思います!

流域連携のグリーンインフラ
Green Infrastructure on catchment scale and Collaboration
環境教育ESD 「持続可能な開発のための教育」
Education for Sustainable Development
里山の自然と暮らし
Satoyama Initiative イニシアティブ

https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/
#東京農業大学 #地域創成科学科
#地域デザイン学研究室
#津野町 #津野山学
#棚田の里

わざわざ高知で走ろう!高知龍馬マラソン2019に参加しました!

2019.02.17

わざわざ高知で走ろう!高知龍馬マラソン2019に参加しました!

沿道からの温かい声援と、かつお飯やブンタン、トマトなどの給水給食のおかげで、楽しく最後まで走ることができました!

高知の皆さま、ありがとうございました😊

ラン後、春野総合運動公園で高知農業高校の生徒のみなさんからシャモ鍋汁を頂きました!
とても美味しかったです!
ありがとうございました!
来年もまた、高知のみなさんとともに走りたいと思います。

健康と地域活性化
Healthy Parks, Healthy People
観光まちづくり
Tourism

#東京農業大学 #地域創成科学科
#地域デザイン学研究室
#高知龍馬マラソン

冬✖ふじやまプロジェクト 7000の竹灯籠に灯が灯り冬の棚田に星空が生まれる

2019.2.11
今年も、冬✖ふじやまプロジェクトに参加しました!

川場村冨士山集落のみなさんが、学生30名のサポーターと交流しながら準備、運営、片付けをしていました。

当日は、天気もよく、星空の下
竹灯籠の灯りが見事に輝き、
冬の里山に、美しく光輝く棚田の風景が生まれました!

今年は、農大の留学生のみなさん、農大生協のみなさんもたくさん、参加していただき、体験、交流しました。

冨士山集落のみなさん、お世話になりました!今後もさらに様々な形で交流を深めていきたいです。
ありがとうございました!

 里山の自然と暮らし SATOYAMA イニシアティブ
 観光レクリエーション Tourism and Recreation
 環境教育 ESD(Education for Sustainable Development)

https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/
#東京農業大学 #地域創成科学科
#川場村 #冨士山集落
#竹灯籠

地域連携活動 福島県鮫川村・浪江町✖東京農業大学

2019.2.4

福島県✖東京農業大学
大学の地域連携活動
観光まちづくり
里山の自然と暮らし

ふくしま若者サミットに参加してきました!

福島県出身の学生、福島県内で活動する大学が集まり、交流を深めました!

内堀知事のお話しから、複合災害に対して、福島の挑戦、チャレンジしていく姿勢が、とてもよく伝わってきました!

復興していくプロセスを見てもらおうという復興ツーリズム、ホープツーリズムの企画。
世界中の人が知っているFukushima をチャンスととらえるポジティブシンキング。
先陣をきる、First Penguin ファースト ペンギンの行動姿勢。

参加したみんなと一緒にとても勉強になりました!

鮫川村、浪江町での活動をたくさん紹介、PRしました!
ありがとうございました😊

#東京農業大学
#鮫川村 #浪江町
#福島県
#地域創成科学科
#地域デザイン学研究室
#復興支援

地域デザイン学会 農業文化フォーラム 「防災・減災・災害復興に向けて フードチェーンを結びつけるなアクターの役割」

2019.2.2
グリーンインフラ
防災・減災・災害復興
地域支援型農業 CSA
Community-supported agriculture
参加協働型の持続的な風景管理体制の可視化
Visualizing Sustainable Landscape management with Community

地域デザイン学会 農業文化フォーラム
「防災・減災・災害復興に向けて
フードチェーンを結びつけるアクターの役割」をテーマに 開催しました!

防災減災を考える際の地域スケールを流域単位のグリーンインフラと提案し、上流域の小農の営みを価値付けし、流域連携、都市と農山村交流における、体験→経験→参加協働の持続的コミュニティによる風景管理体制を構築します。そのステークホルダーには、ボランティアの大学生、NPO、都市住民などが加わり、日常的、かつ持続的な体制に整えていきます。
それは、地域支援型農業 CSAとして
日常的につながりあうことで、
災害時にも、サポートしあう体制が構築されます。

防災・減災・災害復興に向けて
日常的な農林業の営みや連携交流の文化こそが国土保全の最前線に立つことが示唆されました!

大変、意義のあるフォーラムになりました!

参加、お手伝いしてくれた学生たちは
今を生きる地域デザインに関わる方々の生きざまをみることができ、勉強になりました!
https://www.nodai.ac.jp/academics/reg/regi_innova/

#東京農業大学 #地域創成科学科
#地域デザイン学研究室
#グリーンインフラ
#防災 #フードチェーン

ページの先頭へ