北丿大地の技術練習生日記
(網走寒冷地農場)

11月下旬

長芋の収穫です。トレーラーの後ろで収穫機が取りそこなった、長芋を拾っていきました。この日は、途中から雪が降り始め、いよいよ今年の畑作業も終盤だと感じました。寒さによって、手先や足先が思うように動かず、北海道の冬は侮れないと思いました。

11月中旬

小豆の脱穀です。脱穀機に小豆の束を小分けにして入れていきました。直接、歯が高速回転している入り口に入れていくので、最初は、恐怖で手が震え、束をおくまで入れることができず、豆が排出されなかったです。しかしながら、慣れてしまえば、なんとも思わなくなりますが、そこが危険です。毎年、農作業での事故があるので、常に緊張感を持ちながら作業です。

11月上旬

昔ながらの手作業で白花豆を脱穀していきました。なかなか、さやから豆が外れず、苦戦しました。

10月下旬

小豆の収穫をしました。機械で株を切り倒し、まとめて「にお積み」にして乾燥させます。乾燥後は、脱粒を行い、選別します。日本では、小豆は古くから親しまれてきた作物の一つです。特に、和菓子では、重要な原料です。皆さんは、つぶあんとこしあん、どっちが好きですか?私は、どちらも好きです。

10月中旬

ゴボウの収穫をしました。トレーラーと収穫機が並列しながら、選別し、向きをそろえて、鉄コンテナに入れていきました。ゴボウは、植物繊維が豊富で、漢方薬にも用いられ、発汗利尿作用があるそうです。

ページの先頭へ