北丿大地の技術練習生日記
(網走寒冷地農場)

花壇の整備

5月31日は農場における環境整備の一貫として、入り口の花壇にペチュニアなど数種の花の苗を植えました。

ただ漫然と植えるのはなく、背が高くなる花を後ろにするなどの工夫もしました。

数日後にキツネが土を掘り返してしまう被害がありましたが、苗は元気に成長しています。

もっと立派になって咲き誇るのが楽しみです!

練習生S

長芋の播種

5月23日、24日は長芋の播種を行いました。

播種は20儡岾屬嚢圓ぁ▲譟璽で畝が三角になるように土を被せます。単純そうですがコツのいる作業で、慣れている方の播種はまねできない早さです。

オホーツク東部は播種前の20日、21日に強風に見舞われ、アスパラやビートで農業被害が発生しました。農場に大きな被害はありませんでしたが、その影響で畝立てしてあった長芋の畝が分かりにくくなりました。

作業は大変でしたが、2日間で12畝を播種しました!

練習生K

ビートの補植

5/13はビート(サトウダイコン、甜菜)の補植を行いました。

秋に根を収穫し、砂糖の原料にします。

この地域では紙のポットで苗を作って機械で植えますが、
抜けたところ、育ちの悪いところは人が補植します。

今年の補植は少なかったそうですが、圃場が広くて大変でした。


(by 練習生S)

メロンの定植

網走寒冷地農場の練習生になって、もう2ヶ月が経とうとしています。

作業・勉強とひとりぐらしの家事を両立させながら、引き続き頑張っていきたいと思います。

写真は5/9に行ったメロンの定植です。

ハウス内は40度を超え、ハードな作業となることもあります。

芽かきなどの管理作業を引き続いてこなし、メロンの旺盛な生育を見ていきたいと思います!

(by 練習生K)

地域連携インターンシップ学生研修

本日は、本学の世田谷キャンパス並びに厚木キャンパスの学生16名に引率7名の合計23名が当農場を訪問されました。農大生だけあって、馬鈴薯や甜菜は直ぐに分かりました。「ナス科」ですよね。「そうそう」といった会話が出来るとは思ってもいませんでした。さすがに農大生と思いました。これから約1週間の実習、頑張れ。

ページの先頭へ