北丿大地の技術練習生日記
(網走寒冷地農場)

1月中旬

中旬には鶏と豚を担当しました。鶏では、白色レグホーンや名古屋、小国など数多くの品種の鶏と接することができ、品種ごとの習慣の違いが理解できました。豚では、作業中に豚が遊んでほしそうにじゃれて来ました。

1月上旬

網走寒冷地農場の技術練習生は、冬季期間中に静岡県富士宮市の富士農場にて、一ヶ月間の畜産実習を行います。1月上旬は肉牛を担当し、エサやりや除糞作業などを経験しました。子牛の愛くるしい姿に癒されながら、哺乳する作業はとても楽しい思い出となりました。

11月下旬

長芋の収穫です。トレーラーの後ろで収穫機が取りそこなった、長芋を拾っていきました。この日は、途中から雪が降り始め、いよいよ今年の畑作業も終盤だと感じました。寒さによって、手先や足先が思うように動かず、北海道の冬は侮れないと思いました。

11月中旬

小豆の脱穀です。脱穀機に小豆の束を小分けにして入れていきました。直接、歯が高速回転している入り口に入れていくので、最初は、恐怖で手が震え、束をおくまで入れることができず、豆が排出されなかったです。しかしながら、慣れてしまえば、なんとも思わなくなりますが、そこが危険です。毎年、農作業での事故があるので、常に緊張感を持ちながら作業です。

11月上旬

昔ながらの手作業で白花豆を脱穀していきました。なかなか、さやから豆が外れず、苦戦しました。

ページの先頭へ