北丿大地の技術練習生日記
(網走寒冷地農場)

7月下旬

神奈川県厚木市の小学生達とジャガイモ掘りをしました。みんな元気いっぱいで、うねにかぶりつくような体勢でジャガイモを掘っていました。終わった頃には、みんな、手や顔が土で汚れ、大笑いです。怪我や熱中症が起きずに、作業を終えたことにほっと一安心です。

7月中旬

ハウスの中は想像を絶する暑さです。外気温の高いときは40度を超え、できるだけ、早朝の涼しい時に作業しました。メロンをより甘く、大きくするため、つるや果実を選別し、摘心をしていきました。その甲斐あって、メロンもすくすく大きくなり、野球ボールほどに成長しました。

7月上旬

北海道もいよいよ、夏に入り、日中は暑くなってきました。今年は北海道らしいカラッとした天気ではなく、じめっとした天気が続いています。この日は、吉田先生の学生達とキャベツの定植です。トラックとショベルカーを使って、苗を運び、一つ一つ手作業で植えていきました。人数が多い分、あっと言う間に畑一面にキャベツが植えられていきました。

ご無沙汰しております(6月中旬)。

6月14日(日曜日)天気・曇り
 今日は、生物生産学科の二回目の実習日です。あいにく、天気は曇りで、時々雨が降ることもありました。それでも、学生達は慣れない手つきでビール大麦圃場の除草を一生懸命に取り組みました。「ホー」を使った除草は今日が初めです。なんとか、雨が本降りになる前に除草を終わらせることができました。みなさん、お疲れ様でした。

10月中旬

16日に牛蒡を収穫しました。牛蒡をまとめてコンテナに移すのが大変でした。24日には白花豆の収穫を行いました。今年は莢毎の熟期が大きく異なったため、成熟した莢から一つ一つ手で収穫しましたが、最後まで行くことができました。

ページの先頭へ