北丿大地の技術練習生日記
(網走寒冷地農場)

出荷待ちのビート

これは収穫後のビートです。
早い時期に収穫されたビートはそのまま製糖工場へ運ばれますが、それ以降に収穫されたビートは工場に運べる量が限られるため、畑の端にまとめて置いて出荷を待ちます。
シートはビートが雨で濡れないためと、風で転がらないために被せます。
ビート収穫時期の後半になると、このような山を沢山見ることができ、冬の訪れを感じます。

練習生S

秋播き小麦

網走寒冷地農場では、全ての作物の収穫作業を終えましたが、畑に残っている作物が1つだけあります。それが、秋播き小麦です!秋播き小麦は9月下旬に播種、雪の下で越冬し、翌年の夏に収穫します。

写真は11月19日に撮影したものです。農場技術練習生の修業年限は1年間なので、4月に入場した私達は3月に修了する予定です。この秋播き小麦が黄金色になるのを見届けられないと思うと、少し寂しく感じました。

練習生K

ページの先頭へ