Go Green
(アメリカ)

ミシガン州立大学への留学


皆さんこんにちは! 2014年8月〜2015年8月の期間でアメリカ・ミシガン州立大学に交換留学生として長期派遣されております、開発学科4年の遠藤駿二です。


私は去年の夏からアメリカでの生活を一人静かにスタートさせています。留学当初よりブログを更新しよう更新しようと思い続けて来たのですが、気づいたら5か月もの月日が経ってしまいました。本来は入国と同時に即更新をして然るべしこの留学生ブログですが、このように遅い更新となってしまいました事、深く反省しております。申し訳ございません。

大学の講義は自由に席を選んで座って良いという事を利用して、同じ学科の気になるあの子の隣へ偶然を装って座ってしまおう、あわよくば仲良くなろう、等と入学当初より淡い想いを抱き続けて結局実行に移せていない男子大学生の皆さんなら、私の気持ちがよくお解り頂けると思います。最後の一歩が踏み出せない、あれと留学生ブログの感覚は同じなのです。



さて、学食が充実している事で有名なミシガン州立大学ですが、大学としての規模の大きさもまた大変有名であります。生徒数は農大の約3.5倍となる4.7万人、敷地面積は驚異の5,200エーカー!! 全米でもトップ10に入る大きさとの事です。
5,200エーカーともいえば、農大世田谷キャンパスが100個そのまますっぽり収まる広さ、という風に言えなくもないでしょうが実際はどうなんでしょうか。30個くらいなら入るんじゃないかなと私は思います。


そんなMSU(ミシガン州立大学)で、私は大量の課題と格闘する毎日を送っています。まるで昼時の農大一番飯の前に並ぶ行列の様に途切れることなく延々と増え続ける課題は憎らしくもあります。しかし勉学こそ交換留学生の本分であり、本懐であり、私は学ぶ事への喜び・尊さ・感謝をひしひしと感じております。



男一匹の海外生活、文章では伝わりにくい部分もありますので写真をたくさんアップロードさせて頂きます。留学生がどのように生活しているか、皆さんにお伝えできれば幸いです。時折写真へ写りこんでいる、ヒゲを生やした日本人が私です。清潔感がありませんのですぐにお分かり頂けるかと思います。(写真にはシカゴ旅行・その他の学外での様子も含まれております)


より詳しくMSUについてお知りになりたいという方は、ぜひこの大学オリジナルPVを見て頂きたいです。日本の大学ではこの様にハイクオリティなPVはなかなか作れません。

https://www.youtube.com/watch?v=bOL3dktO0NU



私、遠藤駿二は長期留学を考えている農大生・未来の農大生の皆さんを裸一貫激しく応援しております。
「留学を考えているけんど、どうしたものかな〜。」と迷っている現役農大生の方、高校生の方、いつでもお気軽にご連絡下さい。僕の経験が微力ながら皆さんのお役にたてる事もあるかと思います。皆さんの夢を、全力でサポートさせて下さい!! 

何の工夫もない私のメアドはこちら!!→ 

"Study hard, and you never regret."

こんにちは。
今年度ミシガン州立大学(以下MSU)に留学しております、栄養科学科管理栄養士専攻の山口麻衣と申します。

早いもので、MSUに到着してから1カ月が経ちました。
今週から一気に気温が下がり、朝晩は10℃以下の日が続いています。
冬の訪れが日に日に近づいているようで、少々怯えています。

農大は昨日から後期の授業が始まったと聞いていますが、MSUでは8/29から授業が始まっています。
今回は、MSUの授業についてお話したいと思います。

MSUの授業は農大の授業と大きく違います。
システム上の大きな違いは、
・日本の中学校や高校のように、同じ科目が1週間に複数回あって、科目数が多くないこと
・1つの授業時間が決まっていないこと
(○限という概念がないです)
ということです。

科目数が少ないので、授業のない時間も多く、一見とても楽そうに見えますが、予習・復習・テスト勉強・課題をやっているとあっという間に一日が経ってしまいます。
言語に壁のある私にとって、授業についていくためには予習は必須で、各授業前には平均すると教科書30〜40ページを読み込みます。日本よりも教科書は分厚く、字が小さく、そして値段が高い!!
値段を聞くと勉強する気にさせられます(笑)

下の写真の真ん中にある白いものは、iclickerといいます。
先生がスライドに問題を提示し、学生がボタンを押すと、解答結果がすぐに集計されて、表示されます。
事前にclicker番号を登録しているので、先生が誰が何問正解したか把握できるのです。

そして、pop quiz(抜き打ちテスト)が頻繁にあり、2週間〜1か月に1回はテストがあるので、復習も欠かせません。
日本では朝から夕方まで授業がびっしり詰まっていた私にとって、授業がない時間を上手く活用することは難しかったのですが、最近は以前よりは効率よく勉強することができるようになったと思います。

授業は主に、自分の専攻である栄養学を授業を取っています。
今学期は、二年生・三年生向けの授業を取っており、内容は農大で学習したことがほとんどなので、知識で言葉の壁をカバーしているという状況です。
来学期は4年生向けの授業についていけるよう、今はしっかりとその土台づくりをしていきたいと思います。
題名の言葉を信じて・・・。


来週もテストが二つも待ち構えているので、今回はこの辺で失礼します。

良い週末をお過ごし下さい^^

GO WHITE!

はじめまして。2012年度は、私、松村瞳(森林3年)と、山口麻衣(栄養3年)、永田悠馬(開発3年)の三人でお送りします。

さて、今年もジョー先生に空港まで迎えに来ていただき、MSU生活が始まりました。交換留学生のオリテではブラジルやドイツを始め各国の留学生と顔合わせ。みんな英語が達者なのに、一人話せないのでおたおたしました、、、これから頑張りたいと思います。

8月17日に到着したので、今日で二週間突破。その間、交換留学生向け企画で、ミシガン湖に遊びに行ったり、大学バレーを見たりと楽しんでいます。

そして昨日はフットボール(アメフト)の試合を観戦しました。試合のために午前3時に授業が終わり、あちこちの芝生でtailgating(テントを張って食べたり飲んだり遊んだり…ジョー先生曰く、お花見に似ている)があったり。大学どころか街中お祭りのような雰囲気でした。アメリカでは本当に人気のあるスポーツなんですね。


遊んでいるばかりではないですよ。水曜日から授業が始まっています。今は履修登録期間なのでどのクラスをとるか検討中。一周目からがっつり宿題も出るので、しばらくは勉強に励みます。。。


松村 瞳

修了証書を頂きました

MSUへの留学生は、毎年5月に1年間を振り返るプレゼンテーションを先生方や友人の前でするのが伝統です。その後、アドバイザーの先生から修了証書を頂きます

一緒に留学している岸下さんと私も、先週の金曜に発表を行いました。"Every Spartan (MSUの学生のことを表しています)has a Saga."という標語を学内でよく見かけることがあったのですが、まさにその通り、岸下さんの体験は私のものとは全く異なり、とても新鮮に思いました。これから留学される皆さんも、皆さんだけの特別な時間をMSUで過ごせますように

内田苑子

夏学期

全くと言って良いほどブログの更新をせずにいました、MSUについて知りたいことのあった方々、申し訳ありません。前回のブログで何故か写真がアップできなかったので、今回は写真無しで書こうと思います。

MSUは5月上旬で春学期も終わり、昨日から夏学期が始まりました。私は2時間×週5日の授業を受講しています。長い冬も終わり、今は本当に外を歩いていると気持ちがよくなるので、勉強そっちのけで散歩に出かけたくなります

ただ日差しがとても強いので、日焼け止めは欠かせません。これから留学される方は、帽子やサングラスもあると便利だと思いますよ!
内田苑子

ページの先頭へ