Go Green
(アメリカ)

Homeopathyを知っていますか? 〜Ms. Aoki〜

今回もやっぱり授業開始の30分前にHNF465のCase Studyのレポートを仕上げ、何とか提出…。全部で10枚にもなり、しかも正しい答えという確信が持てず。初めて知る病気を英語で考えるというのは本当に難しい。今日(10月5日)のプレゼンは、Homeopathy(同毒療法)とメープルシロップ尿症(先天性アミノ酸代謝異常症の一種)について。Homeopathyについて学ぶのは初めて。生徒たちの英語はとても速くて聞くのが大変。これが1年後にはスラスラ分かるようになるといいな…

テストが返ってきた〜 〜Ms. Aoki〜

FSC211のExamが返却されました。結果は、クラスの平均点よりも上だったので、まあまあかな。満点が37点と100点でないところがアメリカっぽい。減点対象は、説明や必須語句が足りないからと判明。記述式はこういうところがやはり難しい。後4回もExam(次は来週!)があるので、これより良くなるよう対策を立てないと!夜は楽しみにしていたHigh School Musicalを観に行きました。寮から徒歩3分のHallでBroad Way Musicalが観られるなんてステキ!映画とは違ったHigh School Musicalを楽しめました。

信号は守りましょう 〜Ms. Aoki〜

朝、急いでいて、赤信号で車が来ないことを確認して渡ったら、なんと信号無視でPoliceにつかまってしまいました…。がーん!今回は1回目なので見逃してもらえたのですが、今後は気をつけないといけません(私のほかにも沢山の生徒が捕まっていました。本当に不意打ち…)。信号はどんな時でも守りましょう!ですね。当たり前ですが…

Back to MSU 〜Ms. Aoki〜

午前中は1つLectureに参加し、記念にと思い、勇気を出して質問もしてきました。質問内容は、糖尿病患者への糖質摂取のアドバイスについて。「日本では、単糖を控えてでんぷんを積極的にとるよう指導するが、アメリカではどうなのか?」と聞いたところ、「色々な種類の食べ物を食べれば、糖質の種類は特に気にしていない」とのことでした。お土産のギッシリ詰まったかばんを抱え、皆さんの助けもあって何とか無事帰宅。私が一体どの位持ち帰ってきたのかは写真を見て下さい。充実した4日間でした!

観光も、ね。 〜Ms. Aoki〜

今日(10月1日)もExpoで沢山のお土産をGetし(もちろんLectureも2つ出席しました)、満足!せっかくなので、夕方から市内を少し観光。Philadelphiaはアメリカの歴史の街で観光客も沢山います。自由の象徴と言われているLiberty Bell(自由の鐘)と、Independence Hall(独立記念館)、Franclin Court(ベンジャミン・フランクリンが所有していた家)などをめぐってきました。

ページの先頭へ