Go Green
(アメリカ)

WebでTest! 〜Ms. Aoki〜

MSUの授業の資料は全てWebSiteのANGELというページからDownloadします。ANGEL上で試験をすることもでき、今日はHNF465のQuizをANGELでやりました。結果は…。先生と問題の意図が食い違っていたり、BMIの計算の桁数が違ったりで、私が思うに満点なのに10問中4問しか自動的に正解になっていなく、がっかり…(結局、このQuizはやり直しになったので、今度は大丈夫でしょう)。今日はとても爽やかないい天気で、Ice cremeが食べたくなったので授業の後にDairiy Storeに行ってRasberry Chocolate Cranchなるアイスを購入。そしてやっと葉書と切手を購入(日本に葉書を書かなくちゃ!)切手が5月に値上がりして¢90もする…。そして、小切手があまりにも長いこと届かないので銀行に聞きに言ったら「申し込まれてませんよ」とあっさり。そんな!書類にはきちんとチェックを入れたのに!もう!(本当は1週間位で届くらしい)明日提出のVideo Summaryのレポートをまだ1行も書いていないのでこれからやります…(今夜の9:30過ぎ)今日は眠れるかなあ

たらこすぱげてぃ 〜Ms. Aoki〜

だんだん味覚がアメリカ化しているのか、こっちのお菓子も「美味しいかも…」と感じるようになってきました(危険!亜鉛不足?)。とは言っても、やはり私は日本人。以前に頂いた「たらこスパゲティーソース」で、たらこスパゲティーを作り(パスタは電子レンジで無理やり茹でた)、今日のDinnerは日本の味を堪能。う〜ん、美味。けれども相当しょっぱい。日本食はどうしても塩分が多くなりがちだと実感。反対にアメリカ料理は塩気が少ない。そのかわり脂肪と砂糖と量が多い。何とか中間をとれないものかしら。日本とアメリカの食の狭間でひとり試行錯誤する私。問題が解決される日は来るのでしょうか…

Exam&Moving! 〜Ms. Aoki〜

今日(9月18日)はFSC211の1回目のExam。全て記述式で1時間半以内に回答。私は辞書の持込が可能なので完璧なスペルを覚える必要はないので重要なProcessを中心にかなり勉強しました。時間いっぱいまで粘って、何とか全問埋めて提出。結果はどうかしら…。食品がその食品になる根拠を化学的・物理的に考えるいい問題ばかりだと思います。例えば、ドレッシングの材料がいくつか載せてあって、各材料を使う理由やその材料の生成過程を記述するなどです。Examの後、寮のManagerのDebbieさんをたずね、部屋の変更を相談。3つよさそうな部屋を下見して、結局今の部屋の向かいの部屋に移動することにしました。早速引越し。冷蔵庫などは雪さんにも手伝ってもらい、何とか引越し完了。この部屋は道路に面しているので騒々しいけれど、南向きなので一日中明るく、気分も晴れやかになりそう!

勉強、勉強… 〜Ms. Aoki〜

明日(9月18日)はFSC211のExamがあります。多くの授業は中間と期末と2回のExam形式をとっていますが、FSC211は4回のExamとFinal Examの5回。私としては細かくやってくれた方が覚える範囲が少なくていいとは思いますが、初めてなのでどういうふうに勉強したらいいのか分からなくて大変。授業の後にCrackel先生のOfficeに行って、質問。とても丁寧に答えて下さり、「綴りの間違いや文法の間違いは、意図が伝われば問題ないので、心配しなくて大丈夫!」とのこと。Bestを尽くすのみですね。

Reference(参考文献)の厳しさ 〜Ms. Aoki〜

HNF465のFact Sheet(Presentationをもっと詳しくしたレポート)を書く。Reference(参考文献、Web Site含む)との関係がとても難しい。日本のレポートと一番違うところは、この参考文献の厳しさ。体裁も事細かに決まっていて、これがないとレポートとして成り立たないし、「盗用」ということで大変な事態になるので本当に注意!午後にソヨンさんが電気敷毛布のコードを届けてくれて、寒い部屋でもぽかぽかになりました!

ページの先頭へ