Go Green
(アメリカ)

ミシガン風 Vol.7 〜Ms. Iizuka〜

遅ればせながら、あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します

最近のミシガンは一段と寒く、顔や耳が痛いです。時にはジーパンを履いていても足が霜焼けのようになる寒さです。

私と齋藤さんは12月に受けた英語のテストの結果で、L4のクラスをとらずに英語のクラス2つと、アカデミックのクラスを1つ履修できることになりましたー!!(前回Level3にいた私達はそのテストをパスしなかった場合、Level4というまた英語のみのクラスを履修しなければならず、ちなみにその授業は単位はもらえません。)

私はネイティブアメリカンのクラスをとりたかったのですが、自分が取れそうなのが無かった為に、今回はスペイン語を履修することにしました。英語の上にまた言語ですが、楽しくやっています。

今学期に私たちが履修している英語のクラスは、単位ももらうことのできるクラスなので、前回の授業とは違い、シリアスな雰囲気で進むのも早く、『授業』という感じがします。少し、前のクラスが恋しいです。

冬休みぼけから早く立ち直り、ブログも更新頻度をあげていきますので、これからもよろしくお願いします。

写真は前回のセメスターのクラスメイトです。みんなとっっても仲がいいです。

ミシガン風 Vol.6 〜Mr. Saito〜

みなさんこんにちは。
みなさんすでにご存じかもしれませんが、こちらはものすごく寒いです。雪もたくさん降っています。先日、秋学期が終わりました。感想を述べると長いようで短い秋学期でした。さて、いまMSUは冬休みなのですが、こちらの冬休みは日本と比べると少し長く、1か月くらいあります。クリスマス休みがあるからですね。冬休みとなると学生は、みなどこかへ出かけます。寮が閉まってしまうということもあるのですが、なによりもこの雪だらけのところにいても何もすることがないというのが一番の理由ではないでしょうか。私も例外になく出かけます。とういうか、出かけてきました。12月13日から12月23日までルイジアナへ出かけてきました。実は観光ではなく、ボランティアへ行ってきました。近年、地球温暖化のせいか、アメリカをいくつかの大きな台風が直撃しました。ハリケーンカトリーナはみなさんも記憶に新しいのではないでしょうか?今年もアイクとグスタヴォが直撃しました。なかでもルイジアナはミシシッピデルタ地域に位置し海抜0メートル地域がたくさんあります。そこへハリケーンアイクが直撃しました。多くの人が家を失い、いまでもなお苦しんでいます。そこへ私は、被災された方々の家を直しにいってきました。洪水はすでにひきましたが、被災された方々の心は癒されていません。すこしでも力になれたのなら非常に幸せです。その帰りにニューオリンズにもよってきました。ジャズの町です。ケージョン文化といってアメリカの多くが昔、フランスの植民地だったのですが、なかでもルイジアナはその頃の面影をたくさん残しています。旧市街の様子もフランス植民地風の建物がたくさんありました。私はハノイへ何度も渡航したことがあるのですが、旧市街の町並みが非常に似ていて驚きました。写真をのせておきます。それではみなん、良いお年を。Happy New Year。 それではまた。 

ページの先頭へ