北のショッカー
(食品香粧学科)

2年生食品化学実験

4月から2年生が取り組んできた食品化学実験では、食品一般成分の分析方法を習得しました。

待ち時間も多いのですが、すべて定量実験なので慎重さが要求されます。よい結果が出たでしょうか?

食科•食香 女子学生の会

4/25(月)オホーツクで最も女子学生が多い学科である食科•食香恒例の会が開かれました。集まったのは約20名、先輩と後輩がお茶を飲みつつ歓談しました。

1年生も入学から早3週間。履修届も出してサークルにも入り、学生らしさが全開です。編入生は同じ編入の先輩を見つけてアドバイスをもらい、強いつながりができたようです。就職活動中の4年生は、入学時の熱い気持ちを思い出したとか、そうでなかったとか。今回は食堂が賑やかだったため、ゲームは中止となりました。残念。

企画、準備をしてくれたのは主に3年生。みんなのためにありがとう

ユニバーシアード代表団に参加八丸さん!

食品の生物化学研究室のカーリング部

八丸みどりさんが

現在トルコで開催されているユニバーシアード大会に
選手代表団の一員として参加しています。

テレビに映るかも!

健闘を期待します。
日本チャチャチャ!

3年生農水産加工実習

3年生の農水産加工実習2コマ目、製パン実習が行われました。

ロールパンの形を作るのはなかなか大変ですが、ベンチタイムの前にちょっと細工をしておくと、きれいに成形できます。しかし くるくる回してパン生地が飛んで行った人もいました。

成型時、最初は長いロールパンになった人もいましたが 終盤になると、かなりきれいに巻けてきました

焼きたてを食べるのが最高です。


今回の実習は2班に分かれ、残りの半分はバスで斜里の製糖工場へ見学に行きました。製糖工場の皆様、お世話になりました。

プラスミド単離

最近院内感染が大きな問題になっています。
これは薬に対して多剤耐性をもららすプラスミドが
原因となっています。

バイオテクノロジーでは、そのような有害なプラスミドでは
なくて、有用な遺伝情報をもったプラスミドが応用されて
います。

2年生のバイオテクノロジー実験では、プラスミドの
取り扱いを学ぶ遺伝子操作もメニューにあります。
今日はその小さなDNAを採取する実験を行いました。
はじめに集めた大腸菌を溶かして、その中の蛋白質などを
除去します。そうして残ったごく少量のDNAをきれいな白い沈殿にまでする一連の操作を経験しました。

ページの先頭へ