オホーツク便り
(北の写真館)

白樺林

に向かって背伸びをしているようでした。

冬の朝

やわらかなが雪原を照らしていました。

わたぼうし

明け方に枝に積もったが、
朝陽を浴びてハラハラと降っていました。

知床連山

真っ白な知床連山ですが、
流氷の到着はまだまだのようです。

カモメ

贅沢なウニのお昼御飯を食べていました。

ページの先頭へ