農大市場
(学生ベンチャー)

メルカードの挑戦 part53

企画部所属の元チーフがメルカード社員の挑戦の歴史を
振り返るブログ。

53回目は、「カム缶、搬入。」です。

平成19年5月30日。
この日は、カムカムドリンク(社内用語「カム缶」)の搬入作業がありました。

当社の看板商品である「カムカムドリンク」は
大阪の工場で製造され、トラックで農大にやって来ます!

このトラックが大きくて!
コンテナの中は、カムカムドリンクが山積みになっていて
入社当時、これを全部販売するんだ。ってビックリしました。

私達、社員の仕事は製品をトラックから
学内にある倉庫へ運ぶ事です。

1ケースに30本の缶が入っていて
これを2〜3ケースバケツリレーの要領で運びます。

1回に1000ケースぐらい
運ばれてくるので作業が終わるとみんな汗ダラダラです。

メルカードでは、搬入以外にも製品の検品なども
学生が一つ一つ行っています。

皆さんのお手元に届く製品のひとつひとつに
私達の思いが詰まっています。

農大発、学生ベンチャー企業。「株式会社メルカード東京農大」
http://www.ichiba-n.co.jp/

食育フェアについて

あんこです

今月、10月11日(日)〜12日(月・祝)に
農大の目の前の「食と農の博物館」にて
第3回食育フェアが行われます。

時間は、10時〜17時までです

メルカードだけではなく様々な団体も出店し
クイズ大会やこぶたレースも開催される予定です。

ちなみに、メルカードではじゃむの試食を行う予定です。
また、賞味期限のせまった商品を数に限りがありますが通常価格より安く販売する予定です

興味のある方は是非きてください

メルカードの挑戦 part52

企画部所属の元チーフがメルカード社員の挑戦の歴史を
振り返るブログ。

52回目は、「商品開発会議」です。

平成19年5月15日。
世田谷駅前商店街さんの会合がありました。

この日は、憩いのスペース(まちもりカフェ)で販売する商品
について議論しました。

商店街として、玉電(現在の世田谷線)
のオリジナルグッツを作る話は以前から決まっていたので
何を作るかが焦点でした。

案には、模型やテレホンカード、
下敷き等、色々な製品が出て来ました。

でも、オリジナル性に欠けるね。
っと地元にお住まいの年配の方が一言。

う〜ん。
悩む参加者達。

そして考案されたのが
商店街で型や塗装を含めオール手作りで作るストラップでした。

製作にあたり
ちゃんと、東急電鉄さんの許可もいただいています。

私も、もちろんゲットしてます!

まちもりカフェ限定「玉電ストラップ」は、
メルカードの製品と共に「まちもりカフェ」で販売中です。

今日電話で確認した所
在庫がわずかだそうです。お早めに!

写真は、限定ストラップです。
左の色違いのは販売が終了した旧塗装バージョンです!

世田谷駅前商店街の公式ホームページはこちらです。
http://www.setagaya-station.com/

農大発、学生ベンチャー企業。「株式会社メルカード東京農大」
http://www.ichiba-n.co.jp/

メルカードの挑戦 part51

企画部所属の元チーフがメルカード社員の挑戦の歴史を
振り返るブログ。

51回目は、「支え合い」です。

今日は、入社以来配属されている
「企画部」の事を書きます。

毎年、新入社員の配属希望で希望が殺到する「企画部」。
名前は、確かにカッコイイかもしれません。

しかし、イベントの企画運営ひとつとっても、
膨大な準備や打ち合わせ、調整などその業務は多岐にわたります。

口では、いくらでも言えますが
行動が伴わないとやっていけない部署だと思っています。

入社して1年が経った平成19年4月。
私は、チーフに任命されました。

チーフに任命されてからずっと大切にしてきた事があります。
それは、「人一倍仕事を頑張る事でした。」

チームをまとめるリーダーが、一生懸命仕事をしなければ
部員(仲間)はついて来ない。私はそう思っています。

入社以来ずっと仕事に打ち込めたのは、
未熟な自分を支えてくれた部員(仲間)がいたからだと
いつも思っています。

農大発、学生ベンチャー企業。「株式会社メルカード東京農大」
http://www.ichiba-n.co.jp/

こんばんは♪

るぅです

この頃雨が続いていると思ったら
台風が接近しているみたいですね
今回の台風はかなり大きいみたいですね

こう雨続きだと
若干テンションが下がります

早く晴れることを願いつつ・・・
今日はこの辺で

ページの先頭へ