植物園だより
(植物園ブログ 厚木キャンパス)

植物結実情報(1630) サルココッカSarcococca saligna Müll.Arg.(ツゲ科) 2017-11-15東京農大・農学部・植物園

サルココッカSarcococca saligna Müll.Arg.(ツゲ科)

ヒマラヤの東部からチベットの南西部に分布する耐寒性常緑低木。葉は披針形で光沢があり先端が尖ります。早春に葉腋に小さな芳香のある白色の花を咲かせます。今の季節実る果実は球形の液果、黒紫色に熟します。刈り込むと株元から芽が出て地表を覆うのでグランドカバーとしてよく利用されます。     (植物園 伊藤健)

植物結実情報(1629) クコLycium chinense Mill. (ナス科) 2017-11-14東京農大・農学部・植物園

クコLycium chinense Mill. (ナス科)

クコの果実がたわわに実りました。中国に分布する落葉性低木で、草丈1〜2m程度。枝には2-5cm程度の葉と1-2cm程度の棘が互生します。国内では海岸、河原、田畑の畦、空き地の周囲など、人の手が加わりやすく、高木が生えきれない空地などの環境によく生育します。夏-初秋に径1cmほどの小さな薄紫色の花が咲かせます。現在たわわに実っている果実は長径1-1.5cmほどの楕円形で、赤く熟します。
クコは食用や薬用に利用されることでよく知られますが、果実は酒に漬けこんでクコ酒にする他、生食やドライフルーツでも利用される。薬膳として粥の具や杏仁豆腐のトッピングにも利用されます。
                       (植物園 伊藤健)

植物結実情報(1628) ぺカンCarya illinoinensis K. Koch (クルミ科) 2017-11-13東京農大・農学部・植物園

ぺカンCarya illinoinensis K. Koch (クルミ科)

今年もぺカン多数実っています。米国中西部ミシシッピ川流域からメキシコ東部原産の落葉高木で、その種実をぺカンと呼ばれます。脂肪分の多いナッツが採れることから、俗に「バターの木」と呼ばれます。葉は奇数羽状複葉で、小葉は11-17個で披針形。早春、葉が展開する前に、細い尾状の雄花序を下垂させ、枝先には雌花序をつけます。果実は長楕円形で長さ約8cm。9〜10月に果実が成熟すると果肉が裂け、外種皮に包まれた種子が落下します。この外種皮(殻)は薄く、手で容易に割ることができ、この中の胚乳を食用とする。原産地アメリカではピーカンナッツPecan nutと呼ばれ、食用として広く栽培されています。国内では山梨県、長野県、静岡県、岡山県、徳島県、香川県、福岡県などで栽培されていますが、いずれも生産量は多くありません。
                       (植物園 伊藤健)

植物開花情報(1627) チャノキCamellia sinensis Kuntze (ツバキ科) 2017-11-13東京農大・農学部・植物園

チャノキCamellia sinensis Kuntze (ツバキ科)

ツバキに花を知っていても、毎日飲んでいるお茶の花を見たことある人は少ないのでは。そして、そのお茶がツバキ科の植物であることを知っている人はもっと少ないのではないでしょうか?ツバキ科でよく知られるツバキC. japonica、サザンカC. sasanquaは日本国内に自生する植物ですが、お茶正式にはチャノキと呼びますが産地はインド・ベトナム・中国西南部とされますが詳細は不明、野生化した樹木を含め熱帯から暖帯のアジアに広く分布します。花はややクリームかかった白色で、径2cmほどと小さく、今の季節多数開花しています。            (植物園 伊藤健)

植物開花情報(1626) Ascocentrum miniatum Schltr.(ラン科) 2017-11-09東京農大・農学部・植物園

Ascocentrum miniatum Schltr.(ラン科)

ヒマラヤからマレー半島、インドネシアの広域に自生する小型の着生ラン。肉厚の葉を左右に広げながらつけます。花は径1〜1.5cmと小型で、オレンジの花を穂状に多数咲かせ目立ちます。花は不定期咲きですが、主に夏から秋に多く開花します。本属の原種には観賞価値の高いものがたくさんあり、バンダVandaとの交配種であるアスコセンダAscocendaや、フウランNeofinetia falcataとの交配種であるアスコフィネティアAscofinetiaなどの属間交配種も多く、近年色彩、株のサイズなどのバラエティーが豊富になっています。やや低めの気温にも耐えるものが多く、特にフウランとの交配種は、非常に丈夫なものが多くあります。                (植物園 伊藤健)

ページの先頭へ