植物園だより
(植物園ブログ 厚木キャンパス)

植物開花情報 サツマノギク Chrysanthemum ornatum キク科 2010-11-30

サツマノギクはキク属Chrysanthemumの多年草植物で、野生のキクの?種です。熊本県から鹿児島県にかけての海岸と屋久島に分布し、日当たりのいい場所に生育します。草丈は25〜60センチくらいあり、茎が根際から束になって生え、上部で枝分かれをします。海風に対応するように葉の縁が白く、表面と茎に銀白色の毛が生えています。11月から12月頃、直径4〜5センチほどの香りの強い花を咲かせます。花の色は白色ですが、終わりかけの花でピンク色に色が変わるものも見られます。日本に分布する野生のキクでの中では、大きな花をつける栽培キクのもとなった種の1種です。植物園でもきれいな花が咲き始めましたので、ぜひ足を運んでみてください。
               (博物館実習生  田口尚示)

キャンパス紅葉情報エノキCeltis sinensis var. japonica(アサ科) 2010-11-29

 キャンパス内には派手な花は咲きませんがエノキが比較的多数見られます。昆虫の好きな人にとっては国蝶オオムラサキSasakia charonda(タテハチョウ科)の幼虫の食餌として知られていることでしょう。
 今の季節エノキの葉が何とも味わいのある黄葉に変わってきています。特に授業の始まる前の時間、朝の光が当たる黄葉は素晴らしいものです。
(植物園 伊藤 健)

温室内ラン科植物開花情報(4) 2011-11-29

上)Cattleya Portia 'Appleton' AM/AOS
中、下)Bulbophyllum careyanum
    原産地)ネパール〜インドシナ半島.
               (植物園 伊藤 健)

植物開花情報 ジュウガツザクラ Prunus × subhirtella cv. Autumnalis バラ科 2010-11-27

 ジュウガツザクラが開花しました。ジュウガツザクラは春と秋に花を咲かせる樹高3〜5メートルの落葉小高木です。花は直径2センチほどの八重咲きで、淡いピンク色をしています。10月頃から咲き始め、翌春にも咲く、年2回花を咲かせる珍しい桜です。秋の花は、春に比べて小さく、控えめに咲くのが特徴です。春の3月〜4月にかけて咲く花のほうが大きくて、たくさん咲きます。秋の花は12月頃まで断続的にちらほら咲き続けるので、長い間花を楽しむことができます。             
(博物館実習生 小菅 裕子)

温室内ラン科植物開花情報(3) 2011-11-27

上)Cattleya pastral
中、下)Cattleya bowringiana var. coerulea
               (植物園 伊藤 健)

ページの先頭へ