植物園だより
(植物園ブログ 厚木キャンパス)

植物情報 スイラン Hololeion krameri (キク科)  2011-09-29

長野・愛知県以西の湿地などの生育する多年草で、日本固有種で絶滅危惧種。細長い地下茎を出し、長さ15〜40cmほどの細長い根出葉を出す。根出葉と茎葉の形に特徴があり、線形で先端部は鋭くとがり下面は粉白色を帯びます。花茎は高さ50〜100cm、先端部で分枝します。花期は9月から10月で、黄色の頭花は比較的大きく3cmあまり。生育地では比較的群生することが多いようです。近年の湿地などの開発、土地造成などで生育地が減少し、京都など9府県で絶滅危惧種に指定されているます。
                                   (植物園 伊藤健)

植物開花情報 八重咲きヒガンバナ‘紅孔雀’  Lycoris radiate ‘Benikujaku’ (ヒガンバナ科) 2011-09-28

 今年卒業した学生が園芸仲間から戴いたもので、調べてみるとヒガンバナの八重咲きの物としては最も広く普及している種類で、鹿児島辺りから普及してきたものとか、早咲きで、深みのある赤色が鮮やかな印象を与えます。             (植物園 伊藤健)

植物開花情報 シュウメイギク Anemone hupehensis var. japonica (キンポウゲ科) 2011-09-28

シュウメイギク(秋明菊)は草丈50〜80センチになる多年草で、京都市北部の貴船に多くみられることからキブネギクとも呼ばれます。地下茎で増え、日本に自然に溶け込んで生育しているかのように見られますが、古くに中国から渡来したものと考えられています。花は夏の終わりから秋にかけて咲きます。今では、八重咲きものや紅色の花、小型ものなど多数の園芸品種が知られています。茎葉は3裂し、無柄で互生、花芽も丸くぷっくりとしていて可愛らしいです。
(博物館実習生 造園科学科 4年 伊藤亜美)

植物情報  神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン  2011-09-28 

花菜ガーデンは、神奈川県平塚市北部に位置し、バラ園を始め季節の花や体験農場があります。特におすすめなのが、キッチンガーデン・クラインガルテンゾーンです。普段農場や菜園で見かける野菜たちが意外な組み合わせで育てられていて、おしゃれで見ている側を楽しませてくれます。図書館や体験ルームでは、神奈川県を始め、植物や農作物の勉強をすることもでき、一日を楽しむ事ができます。園内を巡っていると、まだまだ、見たことの無い園芸品種の花や不思議な植物があるのだということが分かり本当に面白い場所です!秋の天気の良い日には、お弁当を持って出かけてみませんか?
(博物館実習生 造園科学科 伊藤亜美)

植物開花情報 オオバナオケラ Atractylodes ovata (キク科) 2011-09-27

中国中部原産の多年草で、山地の斜面・低木林の林内など生育します。国内に自生するオクラA. japonicaが草丈30〜100cmで、頭花は小さく、花色は白〜ごくうすい紅色に対し、オオバナオケラは草丈がやや低く30〜80cm、頭花は大きく、花色は淡紅色〜紅色。根茎部分を白朮(ビャクジュツ)と称し、芳香性の精油を含み、健胃用などに用いられ、正月に一年間の邪気を払い長寿を願って呑む屠蘇散野も含まれています。                (植物園 伊藤健)

ページの先頭へ