植物園だより
(植物園ブログ 厚木キャンパス)

植物開花情報 (43) 和蘭・ひな祭りCymbidium Nagalex Flash 'Hinamaturi' 2013-02-26 東京農大・農学部・植物園

東京ドームで開催されていた世界らん展日本大賞2013で購入してきました。「和蘭はときに「庭蘭」と呼ばれることもありますが、片親にシンビジュームを持ち、もう片親にはシュンランC. goeringiiやスルガランC. ensifoliumなどの日本の古典園芸品種を持ちます。「ひな祭り」は東洋蘭の蓮弁蘭C. lianpanとC. Alexanderiとの交配種で、春色の淡いピンク花を直立した花茎に数輪つけ、和の趣を感じさせる品種で、香りもすばらしく、世界らん展香り審査で最優秀賞を受賞した和蘭でもあります。   (植物園 伊藤健)

植物開花情報 (42) フキPetasites japonicus Fr. Schmidt (キク科) 2013-02-24 東京農大・農学部・植物園

厚木キャンパス内でやっとフキの花が開き始めました。「フキの花」と表現しましたが「フキノトウ」と云った方が一般の方には解りやすかもしれません。雌雄異株の多年草で、樺太から北海道、本州、四国、九州、沖縄および朝鮮半島から中国にかけての広い範囲に分布し、暖かい地域では冬場には葉は枯れずに見られます。数少ない日本原産の野菜の一つで、栽培は10世紀以前から始まったとか。繁殖は株分けで行い、現在栽培されている株の多くは雌株です。    (植物園 伊藤健)

植物開花情報 (41) ランの花・続々開花 2013-02-21 東京農大・農学部・植物園

東京ドームで開催されている世界らん展日本大賞2013も残る所3日間の開催となりましたが、植物園でもラン科の花の開花が続いています。どうぞ御来園下さい。

開花ラン科植物 

画像 上から)
    ・Phalaenopsis lobbii H. R. Sweet
      原産地)インド、ミャンマー
   
    ・Sophrolaeliocattleya Sunrise Doll
             ‘Sweet Valentine’

    ・Aerangis fastuosa Schlechter 
       原産地)マダガスカル

    ・Dendrobium tortile Lindley
       原産地)インド北東部からビルマ、
            タイ、マレー半島
  
              (植物園 伊藤健)

植物開花情報 (40) ウメ Prunus mume Sieb. et Zucc.(バラ科) 2013-02-20 東京農大・農学部・植物園

例年より開花が遅れていたウメがキャンパス内の梅見本園でやっと開花を迎えました。春の到来を告げるウメに花の鑑賞はいかがですか?

画像上から '花果実’、'簾の内’、‘八重海棠’、‘八重松島’

              (植物園 伊藤健)       

植物開花情報 (37) セツブンソウShibateranthis pinnatifida Satake et Okuyama (キンポウゲ科) 2013-02-18 東京農大・農学部・植物園

現在の開花中ですが草丈5cmにも満たない小型の多年草。関東地方以西に分布し、石灰岩地域に多く見られるが関東地方では比較的産地が少なく埼玉県小鹿野町(旧両神村地区)、栃木県栃木市星野の里が知られていますが、現在は、乱獲や自生地の環境破壊によって希少植物になっており、絶滅危惧種に指定されています。花は花茎の先端部に1輪つけ、花びらに見える部分は萼で通常5枚、本来の花びらは退化して先端が2又に分かれた黄色い蜜腺になり、内側に葯の先端が紫色を帯びた雄しべを位置し、花の中央部分に数個のめしべが見られます。               (植物園 伊藤健)

ページの先頭へ