植物園だより
(植物園ブログ 厚木キャンパス)

植物開花情報 (60) サクラ続々開花  サクラ・アーコレード 2013-03-21東京農大・農学部・植物園

サクラ・アーコレードPrunus 'Accolade' (バラ科)

イギリスで、ベニヤマザクラP. sargentii f. pendulaとコヒガンP. × subhirtella ‘Subhirtella’を交配して作出されたもので、花は春と秋の二季咲きの種類でもあります。花は大輪半八重座咲き、花色は淡紅色、花弁はハート形で可愛らしいサクラの花が特徴です。 (植物園 伊藤健)

植物情報 (59) タイで見た植物(3)  ジャワセンナ  2013-03-20東京農大・農学部・植物園

タイで見た植物(3)
ジャワセンナ Caccia javanica L.(マメ科)

訪れたタイは乾期の最中、そんな中日本人には遠くから見るとサクラが満開の咲いているかのような樹木が植栽されています。よく見ると蕾の時は濃桃色、開花すると薄桃色、そして濃桃色、白色の変化していきます。ジャワ島、スマトラ島原産の落葉高木で、Pink Shower Treeとも呼ばれ、タイでは公園や街路樹などに利用されています。 (植物園 伊藤健)

植物開花情報 (58) セッコウベニバナユチャCamellia chekiangoleosa H.H.Hu (ツバキ科) 2013-03-20東京農大・農学部・植物園

中国には数多くのツバキ属Camelliaの植物が知られていますが、子房表面が無毛であることから日本に見られるツバキC. japonicaに最も近縁と考えられているセッコウベニバナユチャ(中国名 浙江紅花油茶)が開花しました。花はツバキよりは大きく径10cmほどで、花弁の鮮やかな紅色、「梅芯」と呼ばれる射状に広がった雄しべが印象的です。また、萼苞は灰褐色で、蕾の時にはまるで枯れているようにも見えます。中国南東部で採油用として栽培されていますが、今後その鮮やかな花色から、育種材料としても注目されている。                   (植物園 伊藤健)

植物開花情報 (56) サクラ続々開花  ベニシダレ 2013-03-19東京農大・農学部・植物園

ベニシダレ
Prunus pendula Maxim. 'Rosea'(バラ科)

遠くから見ても花の紅色が目立ちます。枝は下垂し、花は小輪、一重咲き。前回、紹介したシダレザクラP. pendulaに比較し、花は濃い紅色です。   (植物園 伊藤健)

植物開花情報 (55) モクレン属植物Magnolia 2種(モクレン科) 2013-03-18東京農大・農学部・植物園

シデコブシ Magnolia stellata Maxim.(画像 上)

今に季節、庭木など植栽された本種を見ることは多いと思いますが、愛知県、岐阜県、三重県の一部に分布する 落葉小高木で、日本固有種。

コブシ Magnolia kobus DC.(画像 下2枚)

早春を告げる代表的な花木で樹全体が花で白色になります。別名)田打ち桜と呼ばれで農作業を始める目安ともされています。中国産のハクモクレン間違えやすいが、コブシには花の付け根部分に通常1枚の若葉が見られます。九州、本州、北海道および済州島に分布。
                  (植物園 伊藤健)

ページの先頭へ