植物園だより
(植物園ブログ 厚木キャンパス)

植物情報 (44) タイ国で見た植物(1) 2013-03-09 東京農大・農学部・植物園

タイの植物園,植物市場を見に10日間ほど出かけてきました。毎年出かけていますが、新たな魅力的な植物が現れいずれは農大植物園にも導入したと憧れています。そんな植物を紹介していこうと考えています。

画像 上)Bauhinia galpinii N.E.Br. (マメ科)
タイを歩くと本属の植物を多数見ることができますが、本種は今年初めて市場で見ました。南アフリカ原産のツル性植物で、草丈5mほどの生長し、径5cmほどですが花弁の紅色が魅力的です。

画像 下)Bulbophyllum sp.(ラン科)
ランの国と云ってもいいくらい国中のランの花が飾られていますが、ラン愛好家も多く、そんな愛好家目当てのラン店も多数存在します。そんな1店で発見、店主自慢の1種。花の大きさ1cm余り、唇弁多数の突起見られ魅力的。価格は3000バーツ。日本円で9000円ほどですが、大卒の初任給が10000バーツでいい方だとか。 
            (植物園 伊藤健)

ページの先頭へ