植物園だより
(植物園ブログ 厚木キャンパス)

植物開花情報(613) サザンカCamellia sasanqua Thunb. (ツバキ科)  2014-11-04東京農大・農学部・植物園

サザンカCamellia sasanqua Thunb. (ツバキ科)

童謡「たき火」の中に「サザンカサザンカ咲いた道、たき火たき火だ落ち葉たき」とあるように落ち葉散り始める今の季節に開花します。近縁のツバキC. japonicaによく似ていますが、幾つかの相違点があります。サザンカは上に表すようにツバキより花期が早く花弁がバラバラに落ちます。ツバキは萼と雌しべだけを残してk花弁が丸ごと落ちます。サザンカの雌蕊の子房には絹状の毛が見られますが、ツバキの無毛です。生育地ですが、サザンカは四国の太平洋岸、九州の南半分から南西諸島にかけて見られる日本固有種ですが、ツバキは本州(北限は青森)、四国、九州、南西諸島から、それに国外では朝鮮半島南部と台湾まで分布します。    (植物園 伊藤健)

植物展示会情報(612) 新宿御苑 菊花壇展 2014-11-04東京農大・農学部・植物園

新宿御苑 菊花壇展

収穫祭も終わり、秋の1日を新宿御苑で過ごしてみませんか。今月15日まで秋の伝統行事・菊花壇展が開催されています。様々のキクの栽培品種が回遊式の花壇に展示されています。かつては皇族の方々を対象とした展示会でしたが、今では広く公開されています。このように新宿御苑では日本の古典園芸植物のキクを維持管理していますが、その中には20代の本学農学科の卒業生おり重要な働きをしています。
(植物園 伊藤健)

画像 上から

   新宿門に置かれた大作りの株

   伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇

   伊勢菊        
 
   嵯峨菊        

   江戸菊

   大作り花壇(1本の株から518輪の花が咲いています)

   一文字菊、管物菊花壇

   管物菊

   一文字菊
   一文字菊は、花びらの数が16枚前後の一重咲きの大輪菊で、   長く幅広い花びらが円形に咲き開くのが特徴で、皇室の御紋   章に似ることから「御紋章菊」とも呼ばれています。

   肥後菊

   肥後菊


植物情報(611) ヤマノイモDioscorea japonica Thunb. (ヤマノイモ科) 2014-11-02東京農大・農学部・植物園

ヤマノイモDioscorea japonica Thunb. (ヤマノイモ科)

秋になり、子供のころ山野に「山芋ほり」出かけた人もいるかと思いますが、この「山芋」ですが自然薯とも呼ばれますが、正式にはヤマノイモと呼び、実は厚木キャンパス内にも多数見られます。今の季節、葉腋に多数のムカゴができています。地下部を掘らなくてもこのムカゴで少し秋を感じることができるでしょう。北海道南西部から本州・四国・九州および、朝鮮半島、中国に分布する雌雄異株のつる植物で、細長いハート形の葉を持ち、今の季節黄色に紅葉しています。よく似た植物に畑で栽培されるナガイモD. polystachyaがありますが、こちらは中国産の別種です。             (植物園 伊藤健)

植物開花情報(610) カワラノギクAster kantoensis Kitam. (キク科) 2014-11-01東京農大・農学部・植物園

カワラノギクAster kantoensis Kitam. (キク科)

多摩川、相模川,鬼怒川の河川敷のみ生育する二年草。お年寄りによるとかつては河原一面花に覆われたとか。近年、ダムなどにより河川への水量等の管理が行われ、洪水が起こりにくくなり、現在河川敷にはカヤ、ヨシだけでなく潅木が生い茂り、玉石河原が減少してきています。このような立地には本種カワラノギクは生育できず絶滅の危機の瀕しています。そのような関係からか相模川水系の中津川の唯一の自生地、愛川町田代運動公園近くの河原では大規模な保護栽培事業が行われています。草丈80cmほどで、葉は線形、花期は10月から11月と遅く、頭状花は径3〜4cmとやや大きく、舌状花は淡い紫色を帯びる。       (植物園 伊藤健)

ページの先頭へ