植物園だより
(植物園ブログ 厚木キャンパス)

植物情報(1714) 厚木キャンパス植物観察ガイドツアー 開催中止のお知らせ 2018-06-18東京農大・農学部・植物園

2018年度 第4回
厚木キャンパス植物観察ガイドツアー
開催中止のお知らせ        

厚木キャンパスは博物館相当施設の指定を受けた植物園で、キャンパス内には500種類以上の植物が自生し、植栽された外国産樹種も多数みられ、植物園が管理するエリア(温室等を含む)には3000種類以上の植物が見られます。そこで月に1回月の中旬前後の土曜日に植物園主催による「植物観察ガイドツアー」を開催いたしますが 第4回の「植物観察ガイドツアー」を都合により中止いたします。なお、ガイドは元植物園担当の学芸員が担当します。1年間の12回分の予定は下記のようになっています。ふるって御参加下さい。



2018年度
厚木キャンパス植物観察ガイドツアー開催日程
第1回  4月21日(終了)
第2回  5月26日(終了)
第3回  6月23日(終了)
第4回  7月21日(中止)
第5回  8月25日
第6回  9月22日
第7回 10月20日
第8回 11月17日
第9回 12月22日
第10回 1月19日
第11回 2月16日
第12回 3月16日
※  ただし、時に変更になる場合があり、
その際は植物園だよりで連絡したします。

植物開花情報(1713)モミジバルコウソウIpomoea × multifida (ヒルガオ科) 2018-07-09東京農大・農学部・植物園

モミジバルコウソウIpomoea × multifida (ヒルガオ科)

農大植物園では毎年、様々な種類のアサガオI. nil とその近縁種を行灯に仕立てます。アサガオと同じサツマイモ属Ipomoeaのモミジバルコウソウが開花しました。モミジバルコウソウは熱帯アメリカ原産のルコウソウI. quamoclit とマルバルコウソウI. coccineaの交雑種で観賞用に栽培されています。葉がモミジのように深く切れ込んでいるのが特徴です。花期は7月〜10月で伸びたツルの上部の葉の付け根から花柄を伸ばし、花径2〜3冂度の花を咲かせます。花は基部が細い筒状で花冠は5裂し、星形に開きます。別名ハゴロモルコウソウとも呼ばれています。
      (厚木植物研究会 農学科2年 諏訪 泰永)

植物開花情報(1712)ヤマユリLilium auratum Lindl.(ユリ科)2018-07-01東京農大・農学部・植物園

ヤマユリLilium auratum Lindl.(ユリ科)

厚木キャンパスのヤマユリが今年も咲きました。花の大きさは直径20儖幣紊妊罐蟆覆涼罎任盧蚤腟蕕任△蝓香りも甘く濃厚で、「ユリの王様」と呼ばれています。ヤマユリは日本固有のユリであり、北海道と北陸地方を除く近畿地方以北の山地の林縁や草地に分布します。厚木キャンパスのある神奈川県では「県の花」に指定されています。種から発芽して開花するまでには少なくとも5年以上はかかり、また株が古いほど多くの花をつけます。 (厚木植物研究会 バイオセラピー学科2年 根岸 充)

ページの先頭へ