長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

9月実習 3日目

3日目は、町民運動会に参加しました。班ごとにワークショップで調べていた地区ごとに分かれて、その地区の町の方と一緒に戦いました。 学生は大玉ころがしやムカデ競争に参加し、勝利を目指して頑張りました!町の方ともたくさん交流をし、長和町の人と人との暖かさを改めて感じることが出来ました 最後には大根踊りを披露し、運動会を盛り上げることが出来たのでとてもよかったです!

9月実習 2日目

2日目は、午前中は池ノ平圃場で草刈りを行いました。最初は機械の通る道などに雑草が生い茂っていましたが、作業を終えるころには、とてもきれいになっていたのでよかったです。お昼は料理班が作ってくれたカレーを拠点施設で食べました。 午後は、拠点施設の整備として、竹狩りをしました。竹に触れる機会はめったにないので、とても貴重な体験でした。
2日目のワークショップでは、1日目に調べたことをまとめて発表しました。今まで長和町の地区ごとについては、あまり知ることがなかったので、3日目の町民運動会に向けて、みんなやる気が高まりました!

9月実習 1日目

1日目は、五十鈴川圃場でマルチ剥ぎを行いました。五十鈴川圃場は長和のトマトソース作りのために、トマトを育てていた圃場です。 8月実習でトマトの収穫とトマトソース作りをしたため、今回の実習でマルチ剥ぎを行いました。マルチ剥ぎは実習の中でも行う頻度の低い作業なので、初めての学生も多くいましたが、みんなすぐにコツを掴み予定より早く作業を終えることが出来ました。その後、古町にある豊受大神宮に行きました。毎年1月に行われるおたや祭りのお話などのお話しもして頂き、とても有意義な時間になりました。
夜に行うワークショップでは、今回は班ごとに和田、大門、長久保、古町の4つの地区を割り振り、1日目では、それぞれの地区のことについて調べました。どの班も様々な観点から調べていて、2日目の発表がとても楽しみになりました。

8月実習3日目

3日目は長和町の役場の方やJAの方と共に長和町直売所に着いて勉強会を行いました。皆、2日目のワークショップで話し合われた質問を行い。役場の方も真剣に回答をしていました。この勉強会を通して学生委員は直売所について理解を大きく深める事が出来、将来につながる貴重な体験になりました

8月実習2日目

2日目にトマト班はトマトの加工を行いました。予想以上の収穫量で、1から加工を執り行ったため、予定していた時刻より2時間以上も長く作業を継続することになり温泉にも入れませんでした しかし班員や味の里とおみの里の方達と協力し合い最後まで作業を続けることができました トマトソースの出来はよいため、今年の収穫祭は期待できます

映像広告班は学外の方達と共に撮影を行い、動画も高いクオリティに仕上がりました

ワークショップは長和町にに新しくできる農産物直売所について役場の方に質問する内容を3つの班で考えました。班ごとに多くの質問が考え出され、先生方と共に質問のブラッシュアップを行いました

ページの先頭へ