長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

9月実習!3日目

今日は町の運動会に参加させていただきました
町の方も学生もみんな楽しそうでした
町の方々とたくさんのコミュニケーションがとれてとても充実した一日でした 今年の運動会は、応援団だけでなく、チアも参加してくれたため去年よりバージョンアップした大根踊りをお届けできたと思います
町のみなさん本当にありがとうございました。

9月実習!2日目

2日目は、大門保育園の掃除・整備、アマランサスの脱穀・選別作業を行いました
1日を通しての大門保育園の掃除でとてもきれいになりました お昼は池田南蛮を使った料理を食べました 鶏肉・豆腐・池田南蛮を使ったドレッシングのサラダどれも美味しかったです
今日のワークショップでは、各班自分たちの考えを発表しました!私たちの班では、池田南蛮をそのまま食べると辛いと感じる子でも、調理することによって辛さがマイルドになり食べやすくなることから、レシピをつけて販売するアイデアや、他の班からは辛さを推しに、大学では販売されていない牛丼に目をつけて、池田南蛮をつかった牛丼を大学で販売するなど面白いアイデアがたくさんでました。
このアイデアの実現に近づけるように学校の勉強会で話し合いをすすめていきたいと思います

9月実習!1日目

今回の実習は9/22(金)〜9/24(日)の日程で行われました。
1日目は、芹沢圃場での稲刈り作業です
5月実習に田植えを行い、今回の実習で収穫しました!
刈った稲をしばって稲木干しにするところまでの作業を行いました。稲を逆さに干してい理由としては、茎のところに残っている栄養をお米に余すことなく落としていく効果と、自然の風に当ててゆっくり水分を抜くことで甘みのあるお米に仕上がると言われています
わたしは初めての稲刈り体験でしたが、腰を曲げての作業はなかなか大変でした。刈り残しがないように丁寧な作業が大切であるということを学ぶことがでしました
ワークショップでは、経済学部教授の大浦先生に商品開発コンセプトについての講義をしていただき、それを元に池田南蛮をもっと広めていくためにはとうしていけばいいかをテーマに話し合いを行いました。池田南蛮と、おぎのやさんで販売しているものなど、色々な種類の南蛮の食べ比べを行い、それぞれの商品の良さについて話し合い、その良さを池田南蛮にどう生かしていけるか、、、今回は試食をしながらのワークショップということで、いつもとは違った形で話し合いを行うことができました

カリキュラム実習3日目

 3日目は大山獅子例大祭に参加させていただきました!
 午前中は、全員で法被をきて松尾神社に行き「大山獅子本舞」を見学しました。
 僕は始めて見たのですが、獅子たちの舞に圧倒されました。川中島の戦いのときから続いていると聞いて、とても驚きました。このような伝統文化に触れる機会があまりないので、とてもいい経験になりました。
伝統文化を維持継承していくことも、山村再生プロジェクトの重要な活動の1つなのでしっかりと頑張っていきたいです!!
 午後からは、竪町と横町に分かれてお神輿を担がさせていただきました
 みんなで、「ワッショイ、ワッショイ」と声をかけながら町を練り歩くうちに一体感が出てきて、
水でずぶ濡れなのも全く気にならないほど、楽しかったです
進む途中で、大根踊りを披露させていただいたのですが、その時に町の方から声をかけていただき、受け入れて頂けてるんだなと実感しました!!
夜は、中国農業大学からの留学生の方々と交流会を行いました。始まる前は、うまくコミュニケーションをとれるのか不安に思っていました。始まってみるとあちらから、積極的に話しかけてきてくれて、とてもいい交流ができました。やっぱり、世界の共通言語は笑顔だなと思いました

カリキュラム実習2日目

2日目は1日作業です!
初日に収穫したトマトを加工する班
池田南蛮を作る班
芹沢圃場での作業班
ぶどう棚づくりの班
3日目のお祭りの準備をする班
それぞれわかれて作業をします。
私たちの班は、午前中はぶどう棚づくりでした

ぶどう棚づくりは、長和でワインを作ろうというお話があり、それに使うぶどう棚を作成!
みな効率よく動けたおかげで時間内に部品がなくなる程のスピード
差し入れでとっても美味しいぶどうもいただきました

昼食では若衆会の方々が流しそうめんを用意してくださいました
こんなに大勢でやる流しそうめんは初めてでとても楽しかったです。

午後からは芹沢圃場の草刈りをしました。
草刈り機を初めて使う学生は慣れないながらも一生懸命頑張っていました
また、トラクターに乗る体験もできました

夜はワークショップの時間です。
班毎に2日間の中で行った作業の反省をし、話し合いました。

ページの先頭へ