長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

2月実習 3日目

3日目は立岩和紙の里で立岩和紙保存会のみなさんと1日目に刈り取った楮の皮を剥く作業を行いました!
保存会のみなさんが2日目に蒸してくださり作業をスムーズに行えました!
ありがとうございました😊
その後は保存会のみなさんと交流会を行いました!
保存会の過去の活動など細かく教えてもらいました!
保存会の抱える高齢化問題、立岩和紙の職人の減少、楮を作る人の減少など様々な問題が今回の交流会でわかりました。山村再生プロジェクトでも、今後こういった問題の改善に関わっていけたらなと思いました!

2月実習 2日目

午前中は長和町役場の方、山村再生プロジェクトの現地指導員と山村再生プロジェクト学生委員会で平成31年度の年度計画の打ち合わせを行いました!!
次年度から山村再生プロジェクトをより学生主体でやっていこうということになり、年度計画や毎月の実習の内容などを決める際も学生が加わることになりました!
今回初めて年度計画に関わってみて本当に大変なことなんだなと実感しました。また、多くの方に支えられてこのプロジェクトが動いてるんだなということに改めて気づくことができました 🤨
打ち合わせの後は今年度で現地指導員を引退される小池指導員の謝恩会を行いました!!
2年間本当にありがとうございました😊
これからもよろしくお願いします😌

午後の作業は立岩和紙の里で和紙漉き体験を行いうちわを作りました!!
みんな個性のあるデザインで見ていて楽しかった!

2月実習 1日目

2月実習は15〜17日で行われました!

芹沢圃場で長野県小県郡長和町の伝統工芸品の立岩和紙の原料となる楮の刈り取り作業を立岩和紙保存会のみなさんと行いました!
保存会のみなさん今日から3日間お世話になります
昨年の4月の手入れをした際は足首ほどの高さだったんですがいつのまにか2メートル以上にまで育っていて驚きました‼
本日刈り取った楮は保存会のみなさんが蒸してくださり3日目の作業で皮むきを行います!!

1月実習 3日目

3日目は、2日目に作った繭玉をグラウンドで焼くどんど焼きを行いました!
寒い中で行ったので、繭玉を焼く火がとても暖かく感じました☺
そして、焼いた繭玉はその場でみんなで食べました!

その後は、観音寺を見学しました!
アメリカの留学生も農大生も興味深く説明を聞いていて、とても勉強になりました✏

12月実習では農大生だけでなく、アメリカの留学生と実習を行うため、海外の人にも長和町について知ってもらう良い機会であり、貴重な交流の場となったのではないかと思います!!

1月実習 2日目

2日目はやしょうま、繭玉作りを行いました!
やしょうまとは米の粉で作った食べ物で、長野ではお釈迦様が亡くなった日に行う涅槃会(ねはんえ)と言う法要に「やしょうま」を作って仏様に供え、食べる風習が今でも残っています。
班ごとにそれぞれカラフルなやしょうまを作り、繭玉もいろいろな形のものが出来上がりました!!

午後は留学生は和紙漉き体験をし、一般学生は勉強会、山村再生プロジェクトの学生委員は来年度の打ち合わせを行いました!
来年度の打ち合わせでは、指導員の方や町役場の方と話し合いをさせていただき、このプロジェクトについて深く考える貴重な時間となりました🍀

その後、おたや祭りにみんなで行き、山車などを見ながら町の空気を肌で感じました!

夜はアメリカの留学生との交流会を行い、更に仲を深めることができました😊

ページの先頭へ