長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

6月実習 1日目

こんにちは!!
6月実習が21日から23日に行われました
1日目は教育支援協議会にて山村再生プロジェクトの活動報告会と和田宿見学をしました。

報告会では、昨年度の活動報告に加え本年度の活動目標や班ごとの活動についてを町の方々に報告させていただきました。報告後の質問時間では町の方から、本年度新たに発足しました班についてご質問をいただき町の方と学生での意見交換を行うことが出来ました。
初めて実習に参加する1年生にとっては山村再生プロジェクトについてを、学生委員にとっては地域活性化に向けた自分達の課題についてを、知るとても貴重な時間であったなと感じております。また、本年度もさらなる発展した活動を行っていくために頑張りたいと思います

報告会終了後は和田宿に行き見学をさせていただきました。
和田宿は、江戸と京都を結ぶ中山道の途中にある28番目の宿場になります。
今回は和田宿のなかでも「和田宿本陣」と「かわちや」に行きました。位の高い人と庶民で差をつけるため同じ家でも天井の高さや壁の素材が違ったり、敵から逃れるための隠し扉があったりと、現代とは違う箇所がいくつもありとても興味深かったです。私自身は和田宿を見学させていただくのは今回で3度目になりますが、和田宿についてまだまだ知らなかったこともあり、より広く深く知れて良かったです。
和田宿見学と併行して本年度新たに発足しました「スイーツ班」がKOKUYAに訪問させていただきました。ちなみにKOKUYAは和田宿にあった旅籠を改装したカフェです。以前一度オープン前に見学させていただいたのですが、素敵な石窯があったのを覚えています。ピザがとてもおいしそうですね〜

夜のワークショップ!!今回のテーマは「地域活性化」です。
班ごとに地域活性化とは何かをまとめ、そのうえで大学の「教育プログラム」でやれることは何なのかを考えました。明日の本発表に向けて、最後に班ごとに中間発表を行いました。

5月実習 3日目

3日目は池ノ平圃場で2日目の続きの作業を行いました 3日目は特に気温が高く短時間で集中的にする厳しい作業でしたが、予定通り実習を終わらせることができました 今回の実習で植えたキヌアやトマトを実際に収穫、加工するのがとてもたのしみです

5月実習 2日目

2日目は2つのグループに分かれての活動 池ノ平圃場でエゴマ苗定植、キヌア・アマランサスの播種を、五十鈴川圃場ではトマトの定植を行いました 強い日差しの中、機械を使いながらの作業。高校生と協力しながら無事に体調不良者を出すことなく作業を終えることが出来ました また、今回のトマトはデルモンテさんから頂いた苗を植えました。スーパーで目にする生食用のトマトと加工用のトマトとの違いなどもわかりやすく説明していただき、とても勉強になりました

5月実習 1日目

5月実習は24(金)〜26(月)の日程で行いました。
初日は本沢渓谷 「農大の森」での植樹、遊歩道整備を行いました 去年に引き続き林業後継者グループの方たちのご指導のもと、カラスアゲハ、オオムラサキなどの蝶の幼虫のエサとなるキハダとサンショウを植えました
そして今回は新一年生の初めて参加する実習での初めての作業となりました 緊張しながらも参加した学生は真面目に話を聞いて作業に取り組むことができました

4月実習 3日目

3日目は活動拠点となる大門保育園の清掃を行いました。🧹
様々なところに汚れがたまっており、隅から隅まで掃除を行いました

今回の自習は季節外れの大雪の影響を大きく受けました⛄
農作業は天候に大きく左右されます。今回の経験を生かし今後の実習に生かしたいと思います。

ページの先頭へ