長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

信濃霧山ダッタンそば生産者組合が農林水産大臣賞受賞

 教育GPでもお世話になる、信濃霧山ダッタンそば生産者組合が、日本蕎麦協会の20年度「全国そば優良生産表彰」を受賞しました。

 農家の有志10名ほどからなる同組合は、山間荒廃農地を何とかしようと、その健康機能性が注目されているダッタンそばの栽培に4年前から取り組んでいますが、生産から、加工、販売までその活動が高く評価されました。 

 会長の児玉和人さんは、以前より本校の教育活動のよき理解者、支援者でもあります。
 おめでとうございます

健康成分ルチンが豊富に含まれるダッタンそば 

「帰るぞー」って思ったら・・・?

「バスが来たよ−」、「帰るぞ−」ってダッシュで用意しようとしたら、「まだ!実習ノートをまとめてから−!」 って声が・・・ 。帰り際まで勉強なんて、オニだ− 。でも今回の実習も盛り沢山でいろいろ勉強したな〜 。マスター地図もだいぶ書き込んだしね 。「長和検定」受けたら満点かも− 。次回は3月に、11月に草を刈った荒廃農地の再生だって 、 。やるぞー 、「甦れ、農地」 。雪降んなよ、お天気、良くなれー

記念撮影っ

記念撮影っ 。またかよって言わない 。「年とってからみれば−」だって

できあがり

出来上がりました 。てっか、職人さんが作りあげました 。一枚の中で均一の厚さで、しかもどの紙も同じような厚さでした 。11月に実習した時に漉いたけど、私のはボコボコだった

紙漉

楮の皮を干し終わってから完成するのに数週間かかるそうです 。私たちはそれまで待てないので、作ってあった原料で紙漉の実演をしてもらいました 。これがすごかったです。「紙漉職人!!」って技を見せてもらいました 。紙漉には「人間国宝」の人もいるそうです 。伝統の技ってかなりスゴイ

ページの先頭へ