長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

森林探検

森林インストラクターの宮下翼先生のご指導で、付近の山林を調査しました。冬なので何もないかなって思ってましたけど、いろいろなものがあり、勉強になりました。冬の山にも地域再生・活性化の資源がいっぱいありました。勉強になりました
 次回の実習は、学生委員会の人たちが中心となり、地域の方々と交流します。どんな話が聞けるのか、今から楽しみです。それから、3月には私たちが今年度に作業したりプランニングした結果を役場の方や東京農大教育支援協議会の方々に報告し、来年度の実習に役立てます。その結果はまた報告しますね。

炭焼き

長和町林業後継者グループ方々の指導で炭焼きをしました 。去年も挑戦したので、チョッとはうまくなったような気がしました 。でも・・・・、「炭師」って言うにはまだまだの腕前でっす 。原先生も頑張ってくれました

毎晩

毎晩、地域再生・活性化のワークショップをしました 。その日に実習をまとめ、再生・活性化に役立ちそうなプランを議論し、実習地図とマスター地図に書き込んでいきます 。地図には初回の実習からの提案がびっしり書き込まれています。
 宿の外は「熱い氷点下」っていう幟が立ってました。この幟は「桃太郎旗」って言うそうです。桃太郎が鬼退治に行くとき背中に立てていた幟だそうです。だとしたら犬やサル・・はどこにいるのかな?

落書きじゃないですよ

バケツには、思いをこめていろんなことを書きました 。落書きしたんじゃないですからね 。ほんとに落書きじゃないですよ、先生。
あ!そういえば先生たちも書いてましたよねー、落書き!!じゃなかった、思いの気持ち!!!

お客さん

地域活性化の教育GPに取り組んでいる香川大学の原先生も見学に来たくれました 。わざわざ高松から信州の山村に来てくれるというので、チョッと緊張しましたが、とっても優しい先生でした
 大豆の煮たものをころころ捏ね上げた転がして味噌玉を作って、大きなバケツの中にビシッと投げ入れました。空気が入るとだめなので「エイッ」っと投げ込むのがコツだそうです

ページの先頭へ