長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

手前味噌

手前味噌の意味も、ヨークわかりました

味噌作り

芹沢圃場で栽培した大豆を使って味噌作りにも挑戦しました 。指導は昨年もおやき作りで指導いただいた和田地区の方々です。煮た大豆を潰し、そこに麹菌が付いた米を混ぜて、こねたり混ぜて、味噌玉を作りました。

ロープ使い

現地事務所の黒沢さんに、ロープのいろいろな縛り方を教わりました 。「トックリ縛り」、「南京結び」・・・・・、いろいろな仕事や用途でいろいろな結び方があることがわかりました 。やってみたけど、なかなかむずかったです

雪の芹沢圃場

雪に覆われた芹沢圃場をもう少し見てください

和紙原料作り

次の日は和紙原料作り実習でした。ふるさとセンターの近くの楮のほかに、私たちが栽培した楮を切り出し、原料の皮を作りました。雪に覆われた芹沢圃場はなんだか新鮮な感じでした。チョー寒い中で頑張った楮だからこそ、良い原料になるらしく、枝打ちや草取りもそのために必要だったのでした。私たちはこれで、原料の楮の栽培から皮をむいて原料を作り、それを漉くという和紙作りの全工程を実習したことになります

ページの先頭へ