長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

刀剣研磨師という仕事

 長和町にも、 珍しい職業の方がいます。2月実習では、刀剣研磨師の池田正明さんの仕事場「ひぐらし庵」にお邪魔しました。
 文字通り、真剣を研ぐのがお仕事です。地鉄(じがね)や刀文を見極めながら、工程ごとに百丁もある砥石を選別し、段階的に砥ぎあげていくのです。50年近く鍛え上げた職人技です。
 この後、真剣を数本見せていただき、触らせてもいただきましたが、正直少しビビりました。
 実は、今回の実習の目的は、草刈鎌の砥ぎ方をご指導いただくもの。考えてみれば、プロ中のプロに対して失礼な話なのです。
 ところが、いやな顔一つ見せず、丁寧にご指導下さる。そして
奥さんは漬物とお茶で接待してくださる…… これが長和町民なのです。

そば、トトノイマシタ

そば、打ち上がりました 。味だとか〜、形だとか〜・・・・、な〜んにも聞かないでくださいね

三日目〜

三日目は、またまた快晴でした 。今日は、何度も使ったチェーンソーの点検と刃の研ぎと蕎麦打ち実習でした 。チェーンソーは、ホントにいろいろ使いました 。チェーンソーや鎌の刃もだいぶ痛んでいたようなので、冬の間に来年に備えて研いでおくのでっす 。刃研ぎはなかなかムズかったです 。あんまし擦ると刃がダメになっちゃうし・・・・、緩くすると研げないし・・・。すんません、黒沢さん、ダメだったらよろしくお願いしまっす
 それから、蕎麦打ちは、私達が作ったソバの粉でっす 。もう何回も食べちゃったので、これが最後の粉でっす 。蕎麦打ちも慣れてきてサクサクって出来るようになりました 。でも〜、上手く打てたかってことは気にしないでくださいね 。結果は、次のページを見てくださいね。

二日目の夜も〜

二日目の夜も〜、勉強しました 。楽しいな〜 。山村再生プロジェクトにくると一ヶ月分くらいまとめて勉強してるみたいでっす

冬の山

それから、ワイヤーを使った罠の仕掛け方や冬の山に何があるか、気をつけることは何か、ってこともシッカリ教わりました 。冬の山って「な〜んにも無い」って思ってたけど 、いろんなものや活用方法があるってことがわかりました
 あ!冬の山は、猟期なので、入るときは目立つ服装と人がいるってことを知らせることが大事なんだそうです くんや くんや くんや さんや くんも、もういたずらしないでね。

ページの先頭へ