長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

もうすぐ食べ頃

  実習ほ場では、40種類を超える作物が育てられています。
 8月実習では、 スイカ、 メロン、 トマト、 トウモロコシ、ジャガイモ、ハツカダイコンが食べ頃になりそうです。
 減農薬、減化学肥料で育てているので、形や色合い、つぶ揃いはいまいちですが、努力と苦労の結晶をみんなで味わうのがいまから楽しみです。
 (来られない人はご免なさい ) 

  もうひとつ。来週のオープンキャンパスでは、山村再生プロジェクトの様子を紹介したり、その際には学生が育てたハツカダイコンやジャガイモを配布したいと考えています。


 

7月実習を終えて

  “さわやか信州”とは程遠い厳しい暑さの中、7月実習を終えました。
 詩人・尾崎喜八が「天井が抜けたかと思う」とかつて表現した美ヶ原高原の踏査を皮切りに、実習圃場での作業や農産加工などを行いました。
  特に、今夏最高の暑さに見舞われた圃場での作業はきつく辛いものでした。それでも、ひとりも音を上げず、黙々と作業に当たる若い力にあらためて驚き、学生委員会のリーダーシップとあいまって、参加者の意識の高さにたのもしさを感じました。
                  (褒めすぎかしらん?)
 
   
「 実習圃で 学生学ぶ昼下がり 
          大豆葉揺れて 熱き風立つ 」

学生が綴る!7月の実習?

早くも最終日
3日目の朝は少しゆっくり眠ることができました

最終日の実習1発目は「ブルーベリー狩り」
みんなはしゃいでいっぱい収穫させていただきました
太陽の光をいっぱいに浴びたブルーベリーの実はきれいな紫で甘く、小さい実ながらも口の中ではしっかりと存在を主張していました

加工用にいただいたブルーベリーを手に、次は準備休憩施設でジャムづくりを行いました
2つの班に分かれて
?ブルーベリーのジャムづくり
?ルバーブのジャムづくり
を行いました

ブルーベリーは洗って鍋に投入し、火をつけるとすぐに水分が出てきて色が変わり、砂糖とレモン汁を入れてあっという間にジャムができました
ビンの蓋が取れてしまうハプニングもありましたが、それを即座にジュースに変えてみんなで味わえたので一件落着です

ルバーブとは、外来種の植物で、生薬・漢方薬をしても使われます。
食用としては野菜の一種として扱われており、ジャムやパイの具として使われています。
今回のルバーブジャムも、洗って切って煮詰めていき、ブルーベリーと比べて酸味が少し強いので、多目に砂糖を入れて作りました

用意をしていただいたダッタンそば入りのパンにつけていただきました
どちらのジャムも、素材そのものの味を生かした味付けになっていて、とてもおいしかったと思います
とっても簡単に作れてしまうので、ぜひとも家でも作りたいなーと思いました

連休中ということもあって、帰りは高速道路が渋滞しており帰校が遅くなってしまいましたが、それぞれに学んだことを胸に帰っていきました

最後になりますが、7月の実習でお世話になりました長和町の皆様にお礼申し上げます

学生が綴る!7月の実習?

ぐっすり眠り、いざ2日目!
2日目は朝早くから、芹沢圃場での作業がありました!

4つの班に分かれて
?ビーバー(草刈り機)を使って草を刈る
?楮の草むしり
?野菜の手入れ
?きのこの原木の伏せ込み・池の水路整備
を行いました。
朝が早かったものの天気は で大変暑く、また日が高くなるについれてじりじりと日差しが肌を焼き、気温もさらに上がってバテバテでした

休憩中に梅酢ジュースと麦茶をいただき、体力回復

最後はみんなで楮の草むしりを一斉に進め、芹沢圃場での作業を終えました。

そのあとは本陣圃場へ移り、
?そばの播種
?大豆の手入れ
?圃場内の草取り
を行いました

日もすっかり昇り、暑さにやられながらもにぎやかに作業を進めているとあっという間にお昼になりました

お昼は「一福処 濱屋」にて用意していただいた
、きゅうり、 のからし漬け、きゅうりの醤油漬け、蒸かしたジャガイモをいただきました
疲れ切った体に染み渡る、本当においしいごはんでした

午後は、長門バイパスの除草作業を予定していましたが、時間が押していたため、次の実習へと行きました。

午後の実習は2つの班に分かれて
?草木染め
?梅の加工品・しそジュースづくり
を行いました

草木染めでは、「赤根(茜)」という植物の根を乾燥させたものを煮出して染料を作り、それぞれがあれやこれやと工夫をして模様を決めた絹の布を染めていきました
出来上がった作品に、それぞれ個性が表れていて面白かったです

梅の加工品の班は、梅漬け・梅酒・梅酢としそジュースを作りました
梅の加工品についてはその場ですぐに味見をすることはできませんでしたが、これから時間をかけて完成に近づいていくのが楽しみです
しそジュースは、瞬間で色が変わるのが化学の実験みたいで面白かったです
戻ってみんなにおすそ分けして飲みました

夜のワークショップでは、2日間の実習のまとめを行い、各班で意見・提案の発表を行いました

そのあとには誕生日の子のお祝いをみんなで行いました
とても手の込んだ で、お祝いされた方も嬉しそうでした
本当におめでとうございます

学生が綴る!7月の実習?

山村再生プロジェクト7月実習!
今回の実習は7月15日から17日の3日間で行われました。

初日は、美ヶ原高原を散策しました


美ヶ原高原は標高約2000mの場所にある緑豊かな草原です。
130万年〜80万年前の噴火活動により生まれたとされる溶岩台地で、その後の侵食により現在の形になったと言われています。
古くから牧場として利用されていて、現在は牛と馬の放牧がされています

美ヶ原高原の魅力は何と言ってもその美しさ
山道を越えると突如現れる天空の大草原
200種類を超える高山植物の数々
実習中は終始「景色が良いね」「綺麗!」と言い合っていました


美ヶ原高原には、「美しの塔」と呼ばれる塔があります
美しの塔には鐘が付いていて、元々濃霧の時などに場所を知らせるために使用されていました。
現在は観光客が自由に鐘を鳴らせることができ、訪れていた人は鐘を鳴らし楽しんでいました
今回鐘を鳴らそうと奮起した学生がいましたが、うまく鳴らすことができませんでした(笑)

ページの先頭へ