長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

三日目

収穫祭三日目、今日で長和町の物産を売り切らないと・・・・・ 、いつも三日目が「勝負」の日で、「何が何でも売っちゃうぞ〜 」って頑張る日です 。だって、売れ残って赤字になって・・・ な気持ちで打ち上げしたくないですからね〜 。先輩に聞いたら、大量に売れ残って、皆が打ち上げしてる部屋を回って買ってもらったこともあるんだって
 でも今年は、皆がチョー頑張ったので、三日目午前で完売になりました 。置き場所の研究室もガランとなり、最後のブルーベリー苗木二本も売れちゃいました。後は支払いをして、飲みをして、またまた飲みをして・・・、楽しいことが待ってます
 長和町の皆さん、ご協力、ありがとうございました 。来年もよろしくお願いします。そして、山村再生プロジェクトで私たちも長和町の方々と頑張りまっす
 

売ってるモノ

売ってるモノは、長和町の農産物がほとんどで〜す 。その他に、中越大地震の震源地の町(新潟県旧川口町、現長岡市)の集落営農組織ブドウクボ・ファームの魚沼コシヒカリも売ってます 。長和町物産は、ブルーベリー苗木、シイタケ原木、赤ねぎ、白ねぎ、花豆、ジャガイモ、スナガカボチャ、キャベツ、白菜、各種ジャム、長和米、草木染ハンカチとブラウス、長和のトマト(トマトソースでっす)、長門牧場アイスクリーム・・・・、すみません、あんまりありすぎて種類がわからなくなっちゃった
 初日は、「今年は売れるかな〜」、「売れ残って赤字になったらどうしよう 」、「どうかお客さん来てください 」・・・、なんていろいろ考えちゃうんですよ 。毎年責任者は「寝れヶなくなっちゃう 」なんていってます

収穫祭:あなたに逢いたい??

収穫祭では、毎回、長和町の物産を販売していま〜す 。1993年の第101回収穫祭から「長和町から愛をこめてーあなたに逢いたいー」って言う即売店で登録してるんですよ 。登録、即売店会議、シフト作成、テント作り、物産搬入、ポップ作り、価格設定・・・・、その他に、研究室の文化学術店、山村再生プロジェクト文化学術店も同時開催ですから、毎年だけど、今年も、皆でテンヤワンヤでした 。無事?? 、出店 できました

第120回 東京農業大学 収穫祭!!

更新が遅くなってすいません。

来る10月28〜30日、東京農業大学の学祭
「第120回 収穫祭」が行われました


私達、山村再生プロジェクトは
食料環境経済学科の一員として、
当学科研究室の文展に出展させていただきました


3日間を通して、たくさんの方々にお越しいただきました
ありがとうございます

この山村再生プロジェクトに興味がある方も多く、
学生も説明や発表に気合を入れていました

学生が語る!11月実習?

11月13日

午前中は2班に分かれ、芹沢圃場と本陣圃場で作業を行いました

芹沢圃場では長芋やサトイモ堀りなどを行いました

本陣圃場は大豆の脱穀などを行いました

機械を使う脱穀と木を使って脱穀を両方行いました。

機械だと作業は早いですが、手作業に比べて大豆の取り残しが多く収量が減るのが問題です

今回も役場の方々をはじめたくさんの方々のサポートのおかげで充実した

ページの先頭へ