長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

学生が語る!1月実習?

1月実習3日目は、「どんど焼き」参加です!

正月飾りや注連縄などを、一箇所で焼きました。

その火にあたりながら、無病息災・五穀豊穣を祈ります

小さいからお年寄りまで、みんなで談笑しながらも、その年一年の健康を祈りました!

また、どんど焼きの火を利用して、やしょうまも焼きました!

みんな熱さと煙に苦戦しながら、何とか焼いていました


焼いたやしょうまを食べながら、地域の方とどんど焼きの火で温まり、何とも幸せな時間でした

学生が語る!1月実習?

1月実習2日目の午前中は、「やしょうま・繭玉作り」を体験しました!

自分自身、やしょうまを作るのは初めてで、とても苦戦しました

各々好きな形を作り、最終的にはカラフルで綺麗なやしょうまが出来ました

繭玉は、金太郎飴のようにどこを切っても同じ絵が出てくるように作ります。

最初は太かったものを、みんなで細くしていきました!

切った時には「おぉっ 」と言ってしまいました

食べるのが勿体無いくらいの仕上がりです!

午後はついに「おたや祭り」に参加です!

屋台を巡りながら、山車を見て回りました

残念ながら、雪のためにシートを被せられていましたが、音声ガイドも流れていて、思わず見入ってしまいました

学生が語る!1月実習?

2013年1月13日〜15日にかけて、1月実習が行われました!

実習1日目は、おたや祭りの事前学習として、古町「豊受大神宮」の立岩神主さんに、おたや等の歴史についてお話を頂きました!

大半の学生は「おたやって何のことだろう?」という疑問を持っていました。

しかし、立岩神主さんの説明で、おたやの由来を知ることができました

その後は、おたや祭りの山車を見学して回りました!

おたや祭りの山車は、自分たちが想像していた神輿などとは違い、動かない山車で、とても手が込んだものです

とても細かく作られていて、本番が楽しみになりました

その後、芹沢圃場へ行き、冬の圃場を見て回りました!


1月実習を終えて

  あけましておめでとうございます。

  何年ぶりかで大雪に見舞われた13日から15日まで、1月実習が行われました。
 伊勢神宮の流れをくむ古町豊受大神宮の例大祭「おたや祭り」を見聞しました。
 古刹の観音寺では、文化財を見学し、信州で古くから伝わる食文化「やしょうま」や「まゆ玉」(写真)作りを学びました。
 どんど焼きにも参加し、地区の方々と交流しました。

 仏様や神様に捧げるためのやしょうまもまゆ玉も、原料は米粉です。
 思えば、 コメの問題一つとっても、減反や自由化の現状では、豊作に感謝し、豊作を祈るにも政治や外交が絡んでいてチョッと複雑…。でも、どんな状況でも、食べるものには感謝したいものです。

ページの先頭へ