長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

浜っ子来町

  横浜市立大綱中学校の自然教室で、2年生が長和町の農家に分散して田舎体験を行いました。我が家にも6名が訪れました。
  小雨の中、本陣実習ほ場では、ことし取り組む加工トマトの植付けを手伝ってもらいました。助かった〜。
 ついでに本プロジェクトもチャッカリPR。
 
  意見交換してみると、農業農村への憧れも少し感じられ、嬉しく、そして励まされました。

勉強、勉強、永久勉強

  前身の山村再生プロジェクト(教育GP)を継承してはや2年。
常に進取の気鋭を持ち、マンネリに陥らないようにすることが肝要だと感じています。
 今年から、農業指導の一部は丸子修学館高校の小宮山先生にお願いしています。
 田植えの実技指導の際、私(黒沢)は苗を「刺すように」と指導しましたが、小宮山先生は「置いてくる感じで」と表現しました。
 「なるほど…」と感心すると同時に、大変勉強にもなり、自身の未熟さをも痛感しました。
  勉強、勉強、永久勉強−の思いを新たにしました。

学生が語る5月実習�

この日は雨 の予報でした…

が、なんと晴れの日に

祈りが通じて晴れになったのかな

カレッジツアーの皆さん、OB、OGの皆さんと共に4枚の田に田植えを行いました


早く秋になって自分達が育てたお米を食べたいと願を込めて作業に熱中しました

最後に芹沢圃場を散策していたら……

アカハライモリを見つける事ができ芹沢の多様性を学べました。

学生が語る5月実習�

実習2日目のこの日は主に植林を行いました。

午前中は上小地区植林祭に参加させて頂き植林を行いました

会場となった旧和田峠スキー場は傾斜があり

学生達は疲れながら 登っておりました…苦笑

小学生は元気良く登っていたので歳を感じました…

若いっていいですね

作業が終わりキノコ汁と和太鼓の演奏を振舞っていただき元気100倍〜回復

午後は農大の森にてカレッジツワーの皆さんとOB、OGさん達と植樹を行いました  
来年植樹した木がどれくらい成長しているか楽しみです

学生が語る5月実習

5月17日から3日間5月実習が始まりました!!

初めに長和町のあらまし、農作業の注意事項をお聞かせて頂いた後

本陣圃場にて大豆の播種、夏野菜の作付等を行いました

先生を始めとした指導してくれる方々は巧みに鍬を扱いせっせとたがやしてましたが

どうやっても早く正確には出来ませんでした



ご指導のおかげで怪我なく作業を行う事が出来ました。

ページの先頭へ