長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

学生が語る!1月実習?

いよいよ最終日


この日は、長和町の認定商品のモニタリングを行いました


たくさんの商品を味見して、意見を出すのですが、全部美味しかったので、辛口のコメントを出すのが大変でした


ワークショップでは、ジビエ料理やおたや祭りについての提案がたくさんでました

今回は、学生が実現できるように具体的なところまで考えることができました

学生が語る!1月実習?

2日目です

この日は、すこし早起きしてどんど焼きに参加しました
着いたころには、もうたくさんのダルマや正月飾りが燃やされていて、大きな炎があがっていました

火が弱まってから、昨日作ったやしょうまを焼こうとしたのですが、それでも熱くてなかなか近づけませんでした


来年は、自分も古いお守りを持ってきて焼こうと思います


この後、鹿肉のカレーを食べました
初めて鹿肉を食べたのですが、味は普通のお肉とあまり変わりませんでしたが、少し固めでした。


長和町では、獣害防止策として鹿を駆除しているのですが、その鹿肉を「ジビエ料理」として活用していく活動が進んでいます

学生もその活動のお手伝いをしたいです

学生が語る!1月実習?

いよいよ1月実習です
長和町は雪に覆われていて、東京との差にビックリしました


1日目は、観音寺で「やしょうま」を作りました

色をつけたお餅を、木の枝にさして翌日のどんど焼きの火で焼きます

またお釈迦様の命日である2月15日にお供えされるやしょうまも作りました
お餅に色をつけてカラフルな模様や桜の形にしました


それが終わってから、「地獄」についてのビデオをみました。
最近、地獄の絵本などが話題になっていたので、すごく興味深かったです


夜には、有名なおたや祭りに参加しました
地元の方々が作った山車は、とても綺麗で迫力がありました!

ある女子高生の発言

  あけましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、1月11日に、県地方事務所等が主催するトークセッション「ジビエ」を食べて山村振興を考える、に本プロジェクトを代表?して参加しました。
  駆除したシカ等のジビエを食用に活用するなどして地域振興につなげようという、戦略会議ともいえるものです。
 詳細は、2月実習で進達するとして……。

 意見交換で、地元の女子高校生が、
「担任教師は、これからはグロ−バル時代だ、常にグローバル経済に目を向けろ、とばかり言っている。でも、もっと地域資源を見出し地域循環型の経済を生み出すことも大切だと思う」
 と発言しました。
 素晴らしい。 できたら、本校に入学して一緒にプロジェクトで活動してほしい、そんな思いを持ちました。

ページの先頭へ