長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

学生が語る!カリキュラム実習?

最終日はこれまでのワークショップをまとめて、全体の前で発表しました。

ステージ上での発表だったのでみんなとても緊張していました。
それでもみんな堂々と発表していました。

この実習がはじめてという学生も多く、違った視点から様々な提案が出ました。

ここで出た提案を実現できるように頑張っていきたいです

学生が語る!カリキュラム実習?

3日目は、大山獅子例大祭に参加しました
午前は獅子舞を見たり、地元の方の前で長久保甚句を保存会の方と一緒に歌いました。

午後は、御神輿を担ぎました
たくさん水をかけられました。
また、地元の方の前で大根踊りをしました。
とても楽しかったです。

お祭りの後の直会にも参加させていただき、交流を深めました。

学生が語る!カリキュラム実習?

2日目は、初日にできなかった加工用トマトの収穫をしました。
収穫の後は、芹沢圃場での作業と収穫したトマトの加工に分かれました。

芹沢圃場では各班に分かれての作業になりました。
草刈りや秋野菜の播種、トラクターの運転などをしました。
傾斜のあるところの草刈りは大変でした。

午後は、獣害防止柵の設置やバイパス花壇の整備などをしました。
バイパス花壇の整備では、土手の草刈りや枯れてしまった花の片づけをしました。
月に1回の実習なので枯らさないように管理するのは難しいです…

作業の後は、老人福祉センターで長久保甚句保存会の方々からお話を聞きました。
長久保甚句も一緒に歌わせていただきました。

学生が語る!カリキュラム実習?

9月5日から8日までカリキュラム実習で長和町に行ってきました。
カリキュラム実習は普段の実習と違って、54人という大人数での実習となりました。

初日は芹沢桜公園と本陣圃場に分かれて作業をしました。
ですが、途中から土砂降りの雨になってしまい、作業は中止になりました…
そしてカッパを着ていたにも関わらず、ずぶ濡れに…

夜はワークショップをしました。
初日の作業の感想や長和町の印象、2日目にやる作業の説明などをしました。

雑感

 信州も、いよいよ収穫の秋を迎えます。
 さて……

  時々、実習参加者から就農にかかる相談を受けます。
 そんな時は、大抵「覚悟がいるから考え直しなよ」「先ず兼業(農のある暮らし )から始めなよ」なぞと、かっこよく助言します。
  その理由(一般論)として?他産業と比べ収益格差が大きいこと?自然環境が不安定でより高い耕作技能が求められること?社会には、農業と工業が異質であることを理解できない愚かな人が多いこと、を挙げます。
 自身が農業者でありながら、就農を薦められないもどかしさがここにあります。
  でも、自分は、最後の農民にはなりたくはないとの思いは強いのです。


今年のお米は、盆前後からの日照不足が響き粒が小さいです

 

ページの先頭へ